理屈を学ぶ事でテニスの上達を考える

  

自分のテニスを上達させたいと思った場合、殆どの人は「ボールを打つ経験」の中でしか上達できない、他に選択肢はないと考えます。

確かにボールを打つ経験がなければ自分の技術の確認や1球毎に違う状況に対応する経験値は得られません。

ただ、初心者が一定の速度で安定したラリーを続けられる事、しっかりと回転のかかったストロークやサーブを打つことは「ボールを打つ経験」や「技術の高さ」よりもかなり手前にあるものを理解することが重要だろうと考えています。それは「ラケットを使ってボールが飛ぶ理屈」を理解することと、それを安定的に再現するための正しい体の使い方の理解すること。本来はこれらの理解が基にあれば、いつになったら上達するか分からない状態のまま練習を続ける余計な回り道をする必要がないと思っています。

もちろんボールを打つ中でも得られる経験はありますが、それらは偶然性が高く感覚的なので次の日には分からなくなってしまい、一旦分からなくなると戻す方法も分かりません。状態を戻すためにまたたくさんボールを打つしかないわけですし、状態が良かった時の自分のビデオ映像を参考にするのは、誰か別人のフォームをマネするのと同じです。それは状態を戻す訳ではなく再度作り直している作業です。

そういった不確実で先の見えない練習を積み重ねるよりも、まず、何故ボールは飛んでいき、どうすれば安定して打てるのかを知識として学び理解し、その知識を根拠として実践していく方が確実なはずです。仮に調子を崩してもベースとなる知識や理解がある訳ですから修正もしやすいと思います。

一般的な「テニスの練習」に「ボールを打たないで上達する」という視点はほぼないと思いますが、初心者からある程度ボールが打てるようになった位の方、場合によってはそれ以上のレベルの方でも、今まで知識として学んだ事がないのであれば絶対にプラスになると思います。

それは「コツ」の類ではなく、基本となる理解そのものだと考えているので、現状を変えず参考にするだけならあまり意味はないと思います。寧ろゼロベースでテニスを考えるということです。

知識なら今までもでも蓄積しているし、日々、雑誌や本を読んだり話を聞いたりもしている、自分は初心者とは違うという方は大勢いると思います。でも、それら一般に流れている「テニスの常識」を参考にしても上達しない、よく分からないから多くの方が悩んでいるのもまた事実だと思います。

ボールが飛ぶ理屈やそれを活かすための体の使い方など、それらは何かの本に書いてある訳ではないので、自分で疑問を持ち考える、答えを見つける必要があります。

それはテニスをやっている際に聞く”常識”とはかなり違うかもしれませんが、その常識通りにやってうまくいっていない訳ですからそれにこだわる必要はないと思います。目指すべきは上達であり、周りと同じやり方をやることではないです。

突拍子もない理論などではなく考えればごくごく当たり前のことを “テニスを習う” という状況の外から考え直すということです。「テニスは難しく特殊だからテニスの現場で、決まったやり方で教わらないといけない」という意識が最初の理解を難しくしていると思っています。ボールを打つ中で感覚的に分かる人もいるでしょうが前述の通りその上達は曖昧なものですし、簡単にできない大勢の方こそ、先に知識を学ぶできだろうと思っています。