「 lond0ba 」一覧

スポンサーリンク

両手打ちバックハンド 薄いグリップで打つ工夫

一般には厚いグリップの方が力が入る、回転がかかると言われるが、グリップが厚くなることで生じるデメリットも複数ある。薄いグリップでは強く打てない訳ではなく体の使い方を考える必要がある。最近見られるラケット面を上に向けたオープンにてテイバックする両手打ちバックハンドもその工夫の一つである。

記事を読む

両手打ちバックハンド 薄いグリップと打点位置

テニスにおけるグリップの違いは端的には打点位置の違いです。厚いグリップで打った方がスピンがかかる、力が入ると言われますが、厚いグリップで打つことで打点の位置が体から離れてしまう点についての複数のマイナス面もあります。個人的には両手打ちバックハンドについても薄めのグリップで打つことを考えてみてはどうかと思っています。

記事を読む

片手打ちバックハンド導入

片手打ちバックハンド導入。一般的な片手打ちバックハンドのインパクトの形ではまともにボールが打てず、もっと体に近いラケットスピードがある位置で接触する方がいいはずです。遠心力でボールは飛びませんが安定したスイング軌道には意味があります。遠心力を感じながらリラックスしたスイングをする練習について。

記事を読む

野球やゴルフのスイングを見てみる

テニスの片手打ち、両手打ちバックハンドを考えるにあたり、同じく両手でスイングする野球とゴルフを見てみます。ゴルフは正確にボールを捉えるため頭の位置や体の軸を動かさず常に両手でクラブをスイングします。野球は両手で持つことでスイングスピードが上がらないことを回避するため片手を放してフォロースルーをする打ち方を用いています。

記事を読む

両手打ちバックハンドにおける右手と左手の役割の交代

両手打ちバックハンドにおいてはテイバックからスイングを主導しラケットをグリップ側から引いてきた利き腕(仮に右腕)から左手にスイングを主導する役割が切り替わります。バックハンドでボールを打つ体の使い方を考えれば、この切り替えを行わず右腕だけで完結させればそれは片手打ちバックハンドと同じと言えるのではないかと思っています。

記事を読む

バックハンドは片手打ち? 両手打ち?

テニスのバックアップにおいて殆どの場合、片手打ちバックハンドよりも両手打ちバックハンドを推奨されます。両手打ちバックハンドを推奨する様々理由が上げられますが、両者を較べて考えてみることはあまりないはずです。人の体の機能を用いてボールを打つという動作において一般に言われる程の差が両者にあるのだろうかと考えています。

記事を読む

回転はかけるもの?

サーブにおいて、フラットサーブが基本、回転をかけるスライスサーブ、スピンサーブは応用だといった認識を持ちますが、フォアハンドのトップスピンを毎回意図的にかけて打つということはありません。打つ中で自然とかかるからこそラリーに集中できます。サーブを3種類に分けて教えるのは教える側の都合でそこに誤解が生まれます。

記事を読む

トスが安定しない

サーブのトスはやり方さえ守れば安定して上げるのはそれほど難しい訳ではありません。ただし、緊張した場面で打つ事が多いサーブではその時々の精神状態に左右され無意識にトスが乱れることもあります。その改善に繋がる著名プロ選手も使っている従来からの方法とは異なるトスの上げ方があります。

記事を読む

安定的なスイングスピード

「サーブは出来るだけ高い打点で打つべき?」打点を高くしても確率は上がらない。ジャンプしてまで高い位置にある物を手で触る、叩くような動作をするなら、安定した体勢でしっかりスイングスピードを上げられる体の使い方を考える方がいい。

記事を読む

トスの高さとトロフィーポーズ

サーブにおいてトスは高く上げるものだと考えられています。またトロフィーポーズで停止し力を溜めるという説明も聞きます。一方サーブと体の使い方が近いと言われる投球動作に停止状態はありません。高いトスもトロフィーポーズでの停止もサーブにとってはマイナス面ばかりだと思っています。

記事を読む