両手打ちバックハンド 薄いグリップと打点位置

両手打ちバックハンド、薄いグリップと打点位置

よく「両手打ちバックハンドは非利き手 (右利きなら左手)のフォアハンドを打つ要領だ」と言われます。

フォアハンドは厚いグリップで打つ方も多いので、両手打ちバックハンドのグリップもやや厚め、ボールを打つ打点もできるだけ前で打とうと考える方も多いかもしれません。

両手打ちバックハンド

ただ、“グリップの厚さと打点の位置” で書いたように、端的にはグリップの厚さは打点位置の差であり、両手打ちバックハンドでもグリップの厚さ(特に非利き手側のグリップの厚さ)によって打点の位置が変わってきます。(※人によって打ちやすいと感じる打点は違うので “このグリップなら打点位置は必ずここになる” といった話ではありません。)

説明の都合上、以降は右利きを前提とします。

右利きの人が左手でフォアハンドを打つとしてやや厚めのグリップで打つ際の打点はこの辺でしょうか?

両手打ちバックハンドは非利き手のフォアハンドの要領で打つ
ただ、左手側のグリップを薄くしていくとフォアハンド同様、打点の位置は体に近づいてきます。

非利き手の薄いグリップでフォアハンドを打つ

力が入りやすいから打点は前に取ったほうがいい?

一般に「力が入りやすいから」「後ろからボールを支えられるから」のような考えから “打点位置は前に取る方がいい (=だからグリップも厚い方がいい)” と言わたりしますが、個人的には以下の3つの理由などから “打点位置は比較的、体に近い位置にあった方がいい” と考えています。

打点から体から離れない方がよいと思う理由

1.インパクトの0.004秒間にもラケットは10cm以上前進する

スイング時にラケットが時速120km/hで進むとすれば、インパクトでラケットとボールが接触している長さと言われる0.004秒の間にもラケットは12.3cmも前に進んでいる計算になります。厚いグリップにより打点の位置を前に取ろうとすることで、ラケットとボールが接触した時点でラケットはそれ以上前に進む余地がないということが起きます。ラケットをスイングするのはボールを前に飛ばすためなので、ラケットがそれ以上前に進めない状況ならば上に引き上げるしかありません。

実際に極端に厚いグリップで打つ方のインパクト付近のラケット軌道は、ボールを飛ばす前方向よりも上方向に引き上げられる軌道になっていると感じます。回転はかかるでしょうが前方には触れなくなり、端的にはボールスピードは上がりにくくなります。

2.ラケットの加速度と速度は体から離れるにつれて低下する

テイバック時に体に近い位置で停止状態にあるラケットは、手や腕に引かれて加速し始め遠心力などによりラケットヘッド側は体から離れていきます。

加速したラケットヘッドは速度と遠心力で体から離れていく

円周運動をしている物体は中心点から遠いほど速度は速くなります。これは同じ時間で同じ角度を動く場合、中心から遠い方が長い距離を移動しないといけないためより速い速度が必要となるためです。

加速し腕や体を速度的にまた位置的に追い越したラケット(特にラケットヘッド側)は慣性の法則により更に前に進んでいこうとします。ただ、ラケットが体を追い越し前に進むにつれて (体から離れるほど) ラケットの加速度は収まり速度も遅くなっていきます。慣性の法則で前に進もうとするラケットも手の長さ以上は前に進めず腕に引かれる形で進行方向を曲げられフォロースルーとして非利き手側に巻き付いていきます。

フォアハンドフォロースルー

“ラケットはテイバックから加速し、速度を得て体を追い越し、次第に速度が落ちてフォロースルーに至る。このスイングの途中にインパクトがある” わけですが、ラケットがボールに当たってもラケットは止まる訳でも速度が落ちるわけでもないのは分かると思います。

つまり、インパクトの位置はラケットスピードが落ちてない範囲で当たるのが効率が良いはずです。前に進む中で体が追い越したラケットは体から離れるほど加速度もスピードも落ちてしまうので必要以上に打点を前に取ってしまうことはインパクトにおけるラケットスピードが低下してしまう懸念があります。

3.ボールが体から遠くなるほど正確に当てるのが難しくなる

グリップの厚さと打点の位置を教わる際、打点を前に取るとボールとボールに当たるラケットを後ろから見ることになります。これを見やすいと感じるかもしれませんが、実際には “目からの距離が遠くなるほど物体の距離感は把握しづらく”なります。多少のグリップの違い (イースタンとセミウエスタンとか)で打点位置が大きく変わるわけではないですが、厚いグリップで打ちたいからと“必要以上に打点を前に取る”、或いは “イメージする打点位置は体から遠くなくても実際ボールを打つ際に腕の前に伸ばす等して打点を体から離してしまう” とボールを正確に捉えるのが難しくなってしまいます。

薄めのグリップで体に近い打点位置で打つことを考えてみる

フォアハンドを例に取っても “スピンを打つからといって必ず厚いグリップで打たないといけない訳ではない” ですし、フォアハンドのスライスショットを打たないからと言って “薄いグリップで打つことを考えようとしない” のもボールを打つことへの理解を自分から遠ざけているようなものだと思います。

これは「コンチネンタルでフォアのスライスを打つべきだ」といった話ではありません。グリップの違いが打点位置の違いなら色んなグリップで同じように打つにはどうやって打てばいいか、体をどう使えばいいのか考えるということです。

あくまで個人的な意見ですが、初心者の方や上手くボールを正確に捉えられずに居る方は「両手打ちバックハンドを薄いグリップで打ってみてはどうか?」と思っています。

両手打ちバックハンドを両手とも極めて薄いコンチネンタルグリップなどで握るのは両腕とも窮屈になってしまいますが、イースタングリップよりも薄い位のグリップで持てば、体の正面(右利きなら体の中心から右肩の付け根くらいまでの間)に打点の位置を設定してボールが打てると思います。

薄いグリップで打つ両手打ちバックハンド

左手側のグリップを厚くすると体の正面に当たる部分に打点を置くのは、左腕が窮屈になってしまい打つのが難しくなります。

なお、グリップを厚く握ると、ラケットのスイングを開始した段階からインパクト面をボール方向に向けておくことができ「まっすぐラケットをボールに当てていく」というイメージは持ちやすいのですが、ラケットが動く幅が小さくなる分、体の回転や腕の動きで大きくラケットを動かそうとしてしまったりします。ボールに当てやすく感じるしコンパクトにも打てるのですがしっかり打とうとすると体の使い方に無理が出ないだろうかということです。

薄めのグリップで両手打ちバックハンドを打つための工夫

フォアハンドでも同様なのですが、比較的薄めのグリップで両手打ちバックハンドを打とうとする際に使える工夫があります。といっても「コツ」といったものではなく、体の機能を上手く使うという点からのものです。

次のページで引き続き書きたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする