「 バックハンド 」一覧

スポンサーリンク

片手打ちバックハンドでスピンを打つ 後編

現代的なフォアハンドではラケットに働く慣性の力を始めとした物理的要素を利用しています。テイクバックから短い距離で瞬間的にラケットを加速させ、速度が落ちる前の体に近い位置でボールと接触させ大きな力を伝える。昔から言われる方法ではなく、同様の理屈で現代的な片手打ちバックハンドを考えます。

記事を読む

片手打ちバックハンドでスピンを打つ 中編

片手打ちバックハンドでトップスピンを打つためにフォアハンドにおけるコツを参考にします。ただ、男子プロの「現代的なフォアハンド」は長い期間をかけ進化してきており、私たちが習うフォアハンドとは根本から違います。今、考えるべきは「現代的な片手打ちバックハンドとは何か?」だと思います。

記事を読む

片手打ちバックハンドでスピンを打つ 前編

片手打ちバックハンドでトップスピンを打つのは難しく、フォアハンドにおけるスピンのかけ方やコツを参考にしようとします。ただ、片手打ちバックハンドの完成そのものがスピンをかける最善方法であることに誰も目が向きません。理由は多くの人が満足に打てない状態のままでいるからです。

記事を読む

両手打ちバックハンド 薄いグリップで打つ工夫

一般には厚いグリップの方が力が入る、回転がかかると言われるが、グリップが厚くなることで生じるデメリットも複数ある。薄いグリップでは強く打てない訳ではなく体の使い方を考える必要がある。最近見られるラケット面を上に向けたオープンにてテイバックする両手打ちバックハンドもその工夫の一つである。

記事を読む

両手打ちバックハンド 薄いグリップと打点位置

テニスにおけるグリップの違いは端的には打点位置の違いです。厚いグリップで打った方がスピンがかかる、力が入ると言われますが、厚いグリップで打つことで打点の位置が体から離れてしまう点についての複数のマイナス面もあります。個人的には両手打ちバックハンドについても薄めのグリップで打つことを考えてみてはどうかと思っています。

記事を読む

片手打ちバックハンド導入

テニスの片手打ちバックハンド導入。一般的な片手打ちバックハンドのインパクトの形ではまともにボールが打てず、もっと体に近いラケットスピードがある位置で接触する方がいいはずです。遠心力でボールは飛びませんが安定したスイング軌道には意味があります。遠心力を感じながらリラックスしたスイングをする練習について。

記事を読む

野球やゴルフのスイングを見てみる

テニスの片手打ち、両手打ちバックハンドを考えるにあたり、同じく両手でスイングする野球とゴルフを見てみます。ゴルフは正確にボールを捉えるため頭の位置や体の軸を動かさず常に両手でクラブをスイングします。野球は両手で持つことでスイングスピードが上がらないことを回避するため片手を放してフォロースルーをする打ち方を用いています。

記事を読む

両手打ちバックハンドにおける右手と左手の役割の交代

両手打ちバックハンドにおいてはテイバックからスイングを主導しラケットをグリップ側から引いてきた利き腕(仮に右腕)から左手にスイングを主導する役割が切り替わります。バックハンドでボールを打つ体の使い方を考えれば、この切り替えを行わず右腕だけで完結させればそれは片手打ちバックハンドと同じと言えるのではないかと思っています。

記事を読む

バックハンドは片手打ち? 両手打ち?

テニスのバックアップにおいて殆どの場合、片手打ちバックハンドよりも両手打ちバックハンドを推奨されます。両手打ちバックハンドを推奨する様々理由が上げられますが、両者を較べて考えてみることはあまりないはずです。人の体の機能を用いてボールを打つという動作において一般に言われる程の差が両者にあるのだろうかと考えています。

記事を読む