「 ボールを正確に捉えるために 」一覧

NO IMAGE

安定したスイング軌道

安定したスイング軌道はラケットによる正確なボールのインパクトに繋がります。最近よく聞く「脱力」とは、「自然な状態でいる」つまり「力むな」と同程度の意味です。ラケットに働く慣性の力を用いることでラケットは自然と安定した軌道を描きます。人が操作してボールに当てる、ボールを押す必要はないです。

記事を読む

NO IMAGE

トップスピンの必要性

今は初心者の段階から "スピンをかけて打て" と教わりますが、ボールを正確に捉え力を伝える方法を学ぶためにはフラットでボールを飛ばす感覚の理解が重要です。スピン前提で最初から下から上にラケットを振っているとどうすれば正確に当たりボールが飛ぶか理解するのが難しいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

ラケットを大きく動かすほど当たりづらくなる

ラケットを10cm動かす場合と1m動かす場合を考えればどちらがボールに当たりやすいかは一目瞭然です。初心者がラケットをしっかり振っているのにボールがネットまで届かないのは、多くの場合大きく振る故にラケットがボールに正確に当たっていないためです。「大きく振るな」ではなく短い距離でスイングすることを考えます。

記事を読む

NO IMAGE

頭の位置が動くほど当たりづらくなる

なんとなく当たり前のように聞こえるかもしれませんが、単に「打つ際に頭が動く」という事象を言っているものではありません。 まず、人の頭は...

記事を読む

NO IMAGE

ボールを良く見る

集中力がないキッズテニス向けのアドバイスではありません。 人がボールの位置を把握するほぼ唯一の方法は "両目からの情報" です。 ...

記事を読む

ラケットでボールを正確に当てるということ

ラケットでボールを正確に当てるということ

ラケットを振りボールを飛ばす前に理解しておいた方いいことがあります。 初心者からある程度練習を続けている方まで、ラケットがボールに正確...

記事を読む