「 テニス用具 」一覧

スポンサーリンク

スピンがかかるガット・ラケット

現代の硬式テニスはトップスピンをかけて打つ必要がありプロ選手が打つボールを見て自分もああいう風に打ちたいと思います。そこで考えるのがスピンがかかるラケットやガットを使うことです。ただ、そういった製品に答えは存在せず、実際、プロ選手も使っていません。道具よりテニスのレベルを上げるべきです。

記事を読む

しなるラケットはボールを掴んで飛ばす

フレームが薄いテニスラケットはしなり、ボールを掴んでから飛ばすと入れます。ただ、ボールを飛ばし回転をかけるのはラケットから伝わる運動エネルギーでラケットからボールに伝わる際に必ずロスが生じます。ラケットで言えばしなり、歪み、ブレはロスになります。しなるラケットについて考えます。

記事を読む

初心者向けラケット・上級者向けラケット

ラケットを選ぶ際、初心者向けラケット、上級者向けラケットといった言い方をしますが、メーカーは決してそういた言い方はしません。メディアや流通が勝手に区分しているのみです。実際、全てのラケットはユーザーの最大公約数の仕様の範疇で作られており全てのラケットは誰でも使えるよう作られています。

記事を読む

飛ぶラケット・飛ばないラケット

テニスラケットにおけるボールの飛び。ラケットは飛ぶ、飛ばないで区分され「100インチのラケットは飛ぶ」と言われたりしますがラケット面の大きさと飛びは関連せず影響するのはフレーム厚や構造です。フレームが薄いラケットはしなり、歪み、ブレることでラケットからボールに運動エネルギーにロスが生じ、結果飛ばなくなります。

記事を読む

ラケット面の大きさを考える

テニスラケットの面の大きさについて、初心者は100インチ以上のラケット面の大きいラケットは簡単だから初心者向きと言われる一方、95インチ以下のラケット面の小さいラケットは難しいから初心者には向かないと言われたります。ラケット面の大きさの違いを数字で比べてみます。

記事を読む