「 サーブに対する理解 」一覧

スポンサーリンク

回転はかけるもの?

サーブにおいて、フラットサーブが基本、回転をかけるスライスサーブ、スピンサーブは応用だといった認識を持ちますが、フォアハンドのトップスピンを毎回意図的にかけて打つということはありません。打つ中で自然とかかるからこそラリーに集中できます。サーブを3種類に分けて教えるのは教える側の都合でそこに誤解が生まれます。

記事を読む

トスが安定しない

サーブのトスはやり方さえ守れば安定して上げるのはそれほど難しい訳ではありません。ただし、緊張した場面で打つ事が多いサーブではその時々の精神状態に左右され無意識にトスが乱れることもあります。その改善に繋がる著名プロ選手も使っている従来からの方法とは異なるトスの上げ方があります。

記事を読む

安定的なスイングスピード

「サーブは出来るだけ高い打点で打つべき?」打点を高くしても確率は上がらない。ジャンプしてまで高い位置にある物を手で触る、叩くような動作をするなら、安定した体勢でしっかりスイングスピードを上げられる体の使い方を考える方がいい。

記事を読む

ラケットダウンに対する理解

サーブの説明でトロフィーポーズ同様に形を作り覚えるラケットダウン。これは物理的な法則と体の機能・仕組みを使い腕を振ることが合わさったスイング中の事象の一瞬でしかない。スイング中に意図的に作るものではないし、ラケットを背中でくるっと回す、背中を掻くようにといった説明も本質とズレている。

記事を読む

トスの高さとトロフィーポーズ

サーブにおいてトスは高く上げるものだと考えられています。またトロフィーポーズで停止し力を溜めるという説明も聞きます。一方サーブと体の使い方が近いと言われる投球動作に停止状態はありません。高いトスもトロフィーポーズでの停止もサーブにとってはマイナス面ばかりだと思っています。

記事を読む

サーブでジャンプする意味3

回転をかけてサーブを打つということ サーブを打つ際、全て回転をかけて打つ必要があります。理由は既に書いたように身長2mを超える人でも無回転...

記事を読む

サーブでジャンプする意味2

典型的なトロフィーポーズはジャンプの準備のため膝をしっかりと曲げ、首や顔を高く上に向けた非常に無理のある姿勢を強いられます。サーブと体の使い方が共通すると言われる野球の投球を考えれば両者における体への負担の違いは明確です。よりサーブに近いと考えれば外野手が遠投することを考えれば典型的なサーブ動作との負担の違いが分かります。

記事を読む

サーブでジャンプする意味1

「サーブはジャンプして打つもの」という先入観を皆が持っていますが、2mの身長があっても無回転のサーブは入りませんし150cm未満の小学生はサーブが入らないということもありません。サーブにおけるジャンプの意味について考えていきます。

記事を読む

フラットサーブに必要な打点の高さ

一般的に多くの人がサーブの基本として教わるのは "フラットサーブ" だと思いますが、2m以上の身長があるのでもなければサーブを打つ際は必ず回転をかけて打つ必要があるとも言われます。そこで、"無回転のサーブ" を入れるために必要な打点の高さを計算してみたいと思います。

記事を読む