ラケットを大きく動かすほど当たりづらくなる

ラケットを動かす長さとボールへの当たりづらさ

ラケットをボールに当てる際、10cm動かすのと1m動すのではどちらが当たりやすいかは一目瞭然です。より正確にラケットでボールを捉えるためには、スイング中にラケットを動かす距離はできるだけ短い方がよいと言えます。

初心者の方はラケットを大きく早く振らないとボールが相手コートまで届かない気がするかもしれませんが、現代のラケットはカーボンファイバー製で力に自信がない方が振っても相手コート側はおろか、後ろのバックネットを超えてコートからボールが出てしまう位にボールが飛びます。

テニスに慣れていない方がラケットをしっかり振っているのにボールが飛んでいかない、ネットまで届かないのは殆どが「ボールが正確に当たっていないから」です。『ボールを飛ばそうとラケットを強く振ろうとすることで正確に当たらなくなってしまい、余計にボールが飛ばなくなる』という悪循環です。

前述の通り、ボールを飛ばす力は “ラケットスピード” により得られます。十分な速度を出すためには長い距離が必要な感じがするでしょうがそれは飛行機や幅跳びの話です。300g前後しかないラケットなら50cmもあれば十分な速度まで加速できます。(300gとは文庫本2冊程の重さです。) 

プロ選手がボールを打つ様子を見てみましょう。

フェデラー選手のストローク練習

錦織選手のストローク練習

両選手とも体に近い位置からラケットを振り始めているのが分かると思います。

スイングスピードもとても速いです。

軟式テニス出身の女性など体の周りをグルッと回すようなスイングをする方が居ますが、長い距離ラケットを動かし続けるにはそれだけエネルギーが必要です。実際、そういうスイングをする打ち方ではスイングスピードが上がりません。且つ当たりにくくなる訳です。(軟式テニスでそういうスイングをする理由はありますし、女性は筋力が弱いからそういう打ち方の方が楽だとか、スタンスによる体の使い方の違いもあります。)

現代の性能の良いラケットを有効に使うためには、テイバックで体に近い位置にあるラケット短い距離で瞬間的に加速させて打つ方がより少ない力でラケットを加速させることができ、ボールにも当たりやすく、ボールに到達する時間も短いのでボールを打つタイミングが遅れたり振り遅れたりすることも防げます。メリットがすごく多いのです。

ただ、こうやって打つには体の使い方を学ぶ必要があります。単に「大きく振るな」や「体に近い所にテイバックして振り始めればいい」といった注意事項ではありません。ただ、これらを理屈として理解することはとても大事な事です。

スポンサーリンク

フォローする