ボールを良く見る

あまり気にしない”ボールを見る”ということの意味

集中力がないキッズテニス向けのアドバイスではありません。

人がボールの位置を把握するほぼ唯一の方法は “両目からの情報” です。

ボールを追う際、ボールを打つ際、プレイ中は常に “顔の正面” でボールを捉え続け、“両目” でボールを見続けないといけません。

そういった意識はないでしょうが、テニスをやっている際、多くの人が漠然とボールを見ています。ボールにあたるラケットが気になりボールから視線を反らしたり、顔の向きを反らすことで片方の目で見てしまったりしてインパクトの正確性を損なっています。

ボールを凝視しろということではなく、常にボールを見ているという意識がボールとの距離感だけでなく、自分の位置、自分の姿勢、相手の位置などボールを安定して打つために必用な情報の把握に繋がります。

フェデラー選手のストローク練習

フェデラー選手はボールを打ち終わった後も打点を見続けている点がボールを正確に捉えるためのお手本のように言われますが、私の見方は違います。

フェデラー選手は、プレイ中は常に姿勢を地面と垂直に近く保ち、移動して脚を動かしている間も、ボールが飛んで来る間も、そしてよく言われるようにボールを打ち終わった後も “常に顔の正面でボールを見えている、捉え続けている” のが映像を見れば分かると思います。

それは体のバランスの良さ故にできる事ですが、体を揺らしたりせずに走ることは殆どの人ができると思います。“ラケットを持ちボールを打つ” という要素が加わるだけでそれができなくなっているだけです。

単に「顔を向ける」ということではなく、色んな要素を踏まえての話ではありますが、「顔を常にボールに向けて見続け距離感を把握し続ける」という点を理解することがまず大事です。

スポンサーリンク