グリップの厚さと打点の位置

ラケットを握るグリップの厚さ

フォアハンド等を打つ際「グリップが厚い方がスピンがかかる」と言われます。

テニスを始める際に教わるフォアハンドのグリップは”セミウエスタングリップ”位でしょうか。その後、トップスピンを打てるようになると「グリップが厚くないとトップスピンがかからない」「グリップが厚いほどトップスピンがかかる」とかいう話でグリップを厚くしてく人も多く、人によってはウエスタングリップ以上の”エクストリームウエスタングリップ”とか言われるグリップで打つ方もいます。

でも、なぜ、グリップが厚い方がトップスピンがかかるのでしょうか?

グリップについて習う際は「グリップが厚い方が力が入りやすいから」と説明されたりしますが個人的には説明になっていないだろうと思っています。

「力が入る = 押せる? でも、なぜ押せるとスピンがかかるの? 押せるということとラケットスピードが上がることの違いは何? ボールに運動エネルギーを加えるに影響するのはラケット重量とラケットスピードだから押すこととラケットスピードを上げることは違うよね?」といった具合です。

グリップの厚さは打点位置の違い

まず、グリップの厚さで生じる一番の違いは打点位置の違いだと思います。

“ラケットでボールが飛ぶ理屈” で書いたようにボールを打ち出す角度に対して真後ろから90度のラケット面を当てるのが最も正確にボールを捉えやすくなります。

aaa

このため、ラケット面をおおよそのボールを打つ位置、高さにセットした際、グリップの違いによってボールを打ち出す角度に対して自然と90度の面が作れるラケットの位置は違ってきます。

コンチネンタルグリップのような”薄い”と言われるグリップでフォアハンドを打つ場合、打出し角度に対して自然とラケット面を向けられる“打点位置は体の真横辺り、腕とラケットは一直線に近い状態” になります。

コンチネンタルグリップで打つフォアハンド 1

逆にウエスタングリップのような”厚い”と言われるグリップでフォアハンドを打つ場合は、打出し角度に対して自然とラケット面を向けられる“打点位置は体よりも前に移動し、腕の各関節は曲がった状態” になります。

厚いグリップで打つフォアハンド 1

薄いグリップを使っている方が打点を前にしよう、または厚いグリップを使っている方が打点を手前にしようと腕や手首の関節を曲げて打点を前にしようとするのは体の持つ機能に反するので安定して打てなくなります。

グリップにより打点の位置が前後するというのがイメージできない方は『空中に停止して浮いているラケットを体の位置を変えずに自然に手を伸ばしてそれを掴む』と考えてみます。

体の正面にあるラケットのグリップエンドがこちらに向いているなら “そのまま手の伸ばして上からそれを握る” と思います。

横向きの正面にラケットがあるとする

逆に体の正面にあるラケットのグリップエンドが横に向いているなら “手前側から前向きに腕を伸ばすようにして掴む” と思います。(手の平は上向きで)

体よりも前、ネット方向にラケットがあるとする

当たり前のことだと思うならその気持ちが理解を邪魔している

これらは普段自分が打っているグリップと打点位置を考えれば当たり前の事を言っているように思うかもしれませんが「グリップの違いは打点位置の違いだ」ということは案外曖昧なままな方が多いのです。

通常、フォアハンド側で使うグリップはストローク、ボレー、サーブ含めても2種類だけ(コンチネンタルグリップとストローク用にそれより厚いグリップ)で、皆が考えるのはその内でも”ストローク用のグリップのことだけ” だと思います。

例えば、“コンチネンタルよりも薄いグリップでフォアハンドを打つこと”“ウエスタングリップでボレーを打つこと” などグリップの違いがどう関係するのかを考える機会があれば、グリップと打点の違いに目を向けざるを得ません。

使いもしないそんなショットを考える意味がないと思うでしょうか?

現に錦織選手やフェデラー選手などはコンチネンタルよりも薄いグリップでリカバリーショット打つケースは良く目にしますし、そもそも フォアハンド側のグリップの違いで打点の位置が違うということは “サーブに関係する” ということです。

また、ダブルスでネットにベタ付きでボレーをする場合など通常通りのコンチネンタルグリップよりも厚いグリップの方が楽に打てる場合もありますね。

コンチネンタルよりも薄いグリップでディフェンシブなショットを打つ錦織選手

 

ウエスタングリップで打つボレー

極端に厚いグリップで打つボレー

スポンサーリンク

フォローする