薄いフォアハンドでトップスピンを打つ

コンチネンタルグリップでフォアハンドのトップスピンは打てるのか?

今どき、コンチネンタルグリップなどの“薄い”と言われるグリップでフォアハンドを打とうとする方、ましてやその薄いグリップでトップスピンを打とうと考える方は殆ど居ないと思いますが、“どうやったら打てるだろうか?” と考えることに大きな意味があります。体の機能や使い方について考える機会になるからです。

コンチネンタルで打つフォアハンドを考えてみる

コンチネンタルグリップでフォアハンドを打つ際の打点は体の真横辺りで、腕を伸ばしたような状態でラケットにボールに当たることになるため力が入れにくくなります。体の中心軸を前側の脚上に移動させながら体を回転させる

よく「ラケットでボールを後ろから押す」といった表現されてしまいますが、振り始めからフォロースルーまで止まることのないスイングの中で、ラケットがボールに接触する途中の一瞬を「押す」と表現するのは無理があります。

人が力強くボールを打つためには「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」必要があります。薄いグリップでフォアハンドを打つ際の打点は腕の位置が体から離れてしまうので力が入れにくいのです。力を加える位置が体から遠くなるほど”テコの原理”で動かすのに力がいるからです。

腕をしっかり振るには体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕があること ラケットを持つ利き腕が体から離れ肩に近い位置まで近づく

前述の「ラケットでボールを後ろから押す」と言ってしまうと、ボールを飛ばす運動エネルギーを得るために回転運動を含めた“スイングをする” のではなく “ラケットを押すこと” が目的の動作となってしまいます。(同じ運動エネルギーをボールに伝える動作でもニュアンスが違うは分かるでしょうか?) イメージ的には理解できますが “振る” と “押す” は並行して行える動作でもないでしょう。

薄いグリップで強く打てないのはラケットスピードが上がらないから

ボールを飛ばすラケットの運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード」で表せますから、「薄いグリップでフォアハンドを打つと力が入らない」「ラケットスピードが上げにくい」と考えるべきだと思っています。

ラケットの運動エネルギーはボールとの接触であるインパクトによってボールスピードと回転量に反比例的に分配されますから、ラケットスピードを上げられればトップスピンの回転量も増やせます。

つまり、“薄いグリップで打つフォアハンドでトップスピンが打ちづらいのはラケットスピードが上げにくいので回転量に割り振る運動エネルギーが足りず、ボールを飛ばすボールスピードに割り振るので精一杯だから” ということです。

薄いグリップでラケットを加速するにはどうすればいいか?

ゴルフのスイングが参考になります。

タイガー・ウッズ選手のスイング

ゴルフでは、面積の小さいクラブヘッドで小さなボールを正確に打つために、テイバックからフォロースルーまで頭の位置を動かさないように体の軸の回転を使って打ちます。体の回転運動以上に腕を使ってクラブを大きく振ろうとすれば簡単に安定性を欠いてしまいます。

また、体の正面にボールを置き回転で打たないといけないゴルフにおいてクラブを握るグリップはテニスで言う「薄いグリップ」になっています。

右利きの場合ですが、ゴルフのクラブをテイバックする際、右腕は “外旋”“回外 (スピネーション)” によってひねられていきます。

ゴルフ 構え ゴルフのテイバック

構えた状態の腕が伸びた状態のままテイバックするよりも肘や手首の関節に角度を持たせた方がクラブを加速させられるからです。この時、ボールと接触するクラブフェースは腕が捻られるのに合わせて “オープン(上向き)” になっていきます。スイングに伴い腕の捻りが戻るにつれインパクト面も元の角度に戻り、ボールに当たった後、今度は逆方向に腕が捻られる “内旋” と “回内 (プロネーション)” により今度はクラブフェースは “クローズド (伏せる)” になっていきます。

このことをテニスにおける薄いグリップで打つフォアハンドに当てはめるなら、テイバックからスイングを開始する際にラケット面をオープンに取ることでラケットを加速させやすくなると推測できます。

グリップに関わらず腕の使い方は他ショットで共通する

薄いグリップでフォアハンドを打つとして、このように腕をまっすぐ伸ばした状態ではラケットを加速させづらいでしょう。

フォアハンド、薄いグリップで肩の動きでラケットを動かす

ただ、“外旋”“回外 (スピネーション) “ を使い右腕を捻ればラケットを加速させやすくなります。グリップが薄いのでラケット面はオープン(上向き)になり、力を入れやすくするために “上腕と前腕(つまり肘)”“前腕とラケット” にそれぞれ角度と余裕を持たせます。

フォアハンド、コンチネンタルグリップ、テイバックで外旋

フォアハンド、コンチネンタルグリップ、テイバックで回外(スピネーション)

よく分からなければ、腕の形はそのままにグリップだけを厚くするとこうなります。厚いグリップでフォアハンドを打つ際の振り始めの形に近くなったかと思います。

フォアハンド、厚いグリップでのテイバック比較

また、薄いグリップで外旋と回外で腕を捻り、肘に角度を持たせるとこうなります。

薄いグリップで外旋、回外、肘に角度を持たせる

ここから更に外旋を強くし、前腕とラケットに角度を持たせるとこうなります。サーブを打つ際の振り始めの形に近くなりますね。

薄いグリップで外旋、回外、肘に角度を持たせる2

グリップに関わらずラケットを加速させるための腕の使い方は各ショットで共通する

フォアハンド、オープン面のテイバックからスイング2

フォアハンドで、グリップをオープン(上向き)にしてテイバックしていくのは変に感じるかもしれませんが、グリップが違うだけでテイバックからスイングを開始する際の力の入りやすいと感じる腕の形(外旋 + 回外、各部の角度)は共通してくるということです。

スイングは人の体の機能を使って行いものなのでそうなるのは当然です。逆に腕を伸ばしたまま振ろうとする方が不自然だと思います。

厚いグリップではスイング開始時に自然と腕は捻れる、薄いグリップではテイバック時にラケット面をオープンにして少し捻ってやる

厚いグリップでストロークを打つ際はテイバックの位置からラケットを振り出す際にテイバックの位置に留まろうとするラケットに引っ張られる形で腕が自然と捻れるのですが、薄いグリップで打つ場合はスイング幅や加速度が小さいのでスイング開始時の捻れが小さいです。

このため予めラケット面をオープンにするよう意図的に腕を捻ってテイバックを取っていく方がやりやすくなります。

ただ、グリップを問わず腕や体がリラックスした状態でスイングされればラケットに引っ張られる(腕が先行しラケットヘッドは後から付いてくる)形になります。サーブの振り始めでラケットに引っ張られて外旋や回外が強くなるのも同じです。

振り始めに手首に角度(ラグ)がつく サーブ、振り始めの腕の捻れ

ラケット面は地面と垂直という誤解

テニスでは「ラケット面は地面と垂直」という変な誤解がありますね。

テイバックからインパクトまでラケット面の角度を地面と垂直に維持しようとすると薄いグリップではスイングスピードを上げにくいです。

コンチネンタルグリップで打つフォアハンド 1

実際の所、ボールの打出し方向、角度に対して真後ろから90度の面(ズレても5~6度の間)でラケットを当てるのが最も正確にボールを捉えられラケットの運動エネルギーを無駄なくボールに伝えることができるのは誰でも分かると思います。

ボールを打ち出す方向、角度の真後ろから90度の面でラケットを当てる

1.  地面と水平にボールを打ち出すならインパクト面は地面と垂直でもいいでしょうが、それでは殆どの場合ネットを超えることができません。

2. ネットを超えるため、或いはボールにトップスピンをかけるためにボールの打出し角度、方向、つまりスイング軌道を斜め上に振っていくのであれば、その打出し角度、方向にに向けてラケット面は真後ろから90度で当たるべきでしょう。

下は同じ図の角度を変えたものです。地面と垂直のラケット面でボールを斜め上に打とうとすれば、水平方向に打ち出す場合、極端にラケット面を伏せた場合と同じになります。これでは毎回、正確にボールを捉えられるはずがありません。

薄い当たりで擦り上げるスピンのかけ方 打ち負けないようにラケット面を伏せる

ラケットがボールに影響するのは接触している0.004秒の間だけ

ラケットがボールに影響を与えられるのは接触しているインパクトの時間である0.004秒だけです。ボールに当たる前、当たった後にラケット面がどこを向いていようとボールには関係ありません。

これはスイングは適当でいいということではありません。ラケットが慣性の法則で安定的にボールに向かう中、テイバックからインパクトまで意図的にラケット面を向けるよりもリラックスした中で腕の機能を使いラケットヘッドがより加速できる方法を使った方がいいということです。

ゴルフのスイングのようにインパクト時点でラケット面の向きをボールを打ち出す角度、方向に戻せるならテイバックでラケット面がオープンになって居ても構わないはずです。

グリップの薄さでラケット面がオープンになるが、腕関節の角度維持と外旋、回外によるテイバックからの振り始め

ゴルフのスイングを例に上げましたが、フォアハンドのボレーでラケットをスイングする際も、バックハンドでスライスを打つ際も、ラケット面をオープンにする形でテイバックからのスイング開始を行うことは行っています。

グリップの薄さによりテイバックでラケット面がオープン(上向き)になるのですが、前述のように厚いグリップによるフォアハンドでのテイバックからのスイング開始時、サーブのトロフィーポーズからラケットが引かれ始め腕とラケットの位置が逆転する際、それぞれラケットに引っ張られる形で腕に外旋、回外が起きるのと同じです。

つまり、腕の機能に着目すれば、各ショットのテイバックからスイング開始時に何が起きるのかが理解できてきます。

フォアハンド、オープン面のテイバックからスイング1

フォアハンド、オープン面のテイバックからスイング2

コンチネンタルグリップでスピンを打つにはと考えるのには意味がある

ボールにスピードを与え、回転を加えるのはラケットの持つ運動エネルギーで、その運動エネルギーを大きくする要素の一つがラケットスピードです。

テイバックからのスイング開始でラケットが十分加速できれば、ボールを飛ばす、また回転をかけるためのラケットスピードを速くできます。つまり、ラケットスピードを上げられれば薄いグリップでもトップスピンをかけて打つということは無理ではありません。

なお、腕の外旋・回外からのスイング開始でラケット面はニュートラルの角度に戻りインパクト、インパクトからフォロースルーに向けては逆に、内旋・回内(プロネーション)の動きが中心になってくるので、スイング中のラケット角度が大きく動く分、ラケット面をボールに向けていく(ラケット面を当てる)こと、インパクトのタイミングが難しく感じるかもしれません。

これについては、やはり、ラケット面を向けようとするのではなく、慣性の力で直進しボールに向かっていこうとするラケットの動きを妨げず補完していくためにリラックスした状態でスイングできることが重要になると思います。

スポンサーリンク

フォローする