ボレーを打つ際の打点位置

ボレーを打つ打点の位置

コンチネンタルグリップ等の薄いと言われるグリップで打つショットであるボレーを考えてみます。

まず、初心者の方など、ボレーを打つ際に “どの辺りの位置、打点でボールを打てばいいのかよく分からない” ことが多いと思いますが、その理由として、ボレーでは “ラケットを動かさず止めた状態でボールに当てるよう言われること” があると思います。

ストロークのようにラケットをスイングすれば体の使い方とラケットの動きはある程度連動しラケット軌道はなんとなくでも出来上がってきますが、ラケットを動かさず打つには何かしらの方法でラケットとボールを接触させないといけないわけで、スタンスやボールに対する体の向き、セットするラケットの位置などによってボールを捉えられる位置が変わり、自由度が高い分、逆に “どうしたらいいか分からない” “何が正解かわからない”ということに繋がります。

例えば、スタンスをオープン気味にして打ってもいいですし、

薄いグリップで打つボレーの例

グリップを厚めにしてもっと前の打点で打つこともできます。

厚いグリップで打つボレーの例

ラケットでボールを押す、ボールを支える

まず、“打点に対する考え方”を再確認します。

まず、ラケットでボールを打つ際にしっかりとラケットを支えるには「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」ことが重要です。

腕をしっかり振るには体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕があること

よく “ラケットでボールを押す” と言いますが、ストロークやサーブなどスイングで発生する運動エネルギーでボールを飛ばすショットでは “ラケットがボールに当たってもスイングは止まりませんし速度も落ちない” ことをしっかり理解する必要があります。

スイングの途中でラケットにボールが触れることでボールが飛ぶエネルギーを得ているだけで“ボールに当たる、当たらないに関係なくスイングは行われる”のです。実際、素振りをしてもラケットの動きや速度は殆ど変わりませんね。つまり、

『目指すべきは、テイバック位置からフォロースルーまで続くスイングの完成であり、止まることのないスイングの途中で”ボールを押す”と考えるのはスイングの完成自体を邪魔してしまう。』

と言えるはずです。

一方、止めたラケットでボールを打つことをボレーの基本と考えるなら、スイングがない分、“ラケットでボールを支える” と考える必要が出てきます。

地面の落としたボールが跳ね返るように止めたラケットで打つボレーでボールを飛ばすのは “飛んできたボールの運動エネルギーがラケットに当たり反発する” ものです。硬い地面はよく跳ね返り、柔らかい地面は跳ね返りません。ボールが当たる際にラケット面がぐらついたり、ラケットの中心付近に当たらないようでは思った方向、距離まで飛ばせません。

なお、テニスの説明でもよく「ボールを打つ際に力が入らないから」という表現がされますが、説明でそう聞くと「力を込めること」を考えてしまうでしょうから、“ボールが当たった際にラケットがぐらついたり、しっかりと当たらないことでボールの反発が弱まらないように”と考える のはどうかと思います。

ロスを少なく反発を大きくすれば距離が飛ばせますし、当たる際にあえて反発を弱めればドロップボレーのようなショットが打てます。

“ボールを飛ばすために加える力加減” ではなく、100の反発からどの位減らすか “反発力の大きさ” を調整していると考える方が分かりやすいでしょう。

※飛ぶラケットと飛ばないラケット、ラケット面が大きい方が飛ぶ

ラケットも「飛ぶ・飛ばない」と表現しますが、ラケットの運動エネルギーの大きさを100%ボールに伝えることはできず、必ずロスが生まれます。正確にボールに当たらなければ大きなロスが生まれますし、ラケットのしなり、歪み、ブレもロスの要因です。金属バットで打てばラケットよりもはるかに飛ぶのが想像可能なように、フレームの厚いラケットはしならない(変形しない)から伝達ロスが小さい、フレームの薄いラケットはしなり歪むから伝達ロスが大きいと言えます。つまり、「飛ぶ・飛ばない」ではなく「ロスが小さい・ロスが大きい」ということです。しなるラケットを使う方は「ラケットがしなり、ボールを掴んでから飛ばしていてく」と言ったりしますが、ラケットのしなりはボールが離れるまでは復元しないので “しなりが復元して飛ぶ” というのは正しくないでしょう。また、ラケット面が大きいほど飛ぶと言われますが、一般的にラケット面の大きいラケットの方がフレームが厚くしならない、ラケット面が小さいラケットの方がフレームが薄くしなるというメーカーが設定する製品仕様の違いによるのだと思います。実際にラケット面が100インチでもフレームが薄いラケットは95インチのラケットよりも飛ばないということがあります。

薄いグリップでボレーを打つ際の打点

ボールに対して両足を横向きに置いたスクエアスタンスを基本に考えれば、コンチネンタルグリップでストロークを打つ際と同様、横向きを保ったままボレーを打つとすれば打点の位置は “体の横くらい” になります。

フォアハンドボレー1

ただ、横向きのままボールを打とうとすれば、体の正面がボール方向を向いていないのでラケットがボールに当たった際、ラケットが支えることが難しくなります。

なお、ゆっくりとしたボールを時間的に余裕がある中で打つ場合はこの打点の位置までボールが飛んで来るのを待って打つ、いわゆる“ボールを引きつけて打つ” のは選択肢としては有りです。距離を飛ばす必要がなないならこの打ち方は体に近い位置で打点位置を確認しながら打てます。

 横向きのまま踏み込んで打つ

ボレーを教わる際、「踏み込んで打つ」と言われます。

ただ、初心者の方はボールに対し横向きの状態になった後、飛んできたボールに対して、踏み込み、そしてインパクトするタイミングの関係がよく分からないと思います。

仮に右利きのフォアボレーだとすると、

◯ 踏み込んだ左足が地面に着き体の軸や重心が移動する前、つまり、踏み込んで足や体が動いている途中でボールをインパクトする。

だったり、

◯ 踏み込むタイミングが分からず、飛んで来るボールを見て、左足を上げすぐに降ろすバタバタという感じになり、左足が地面についた後、暫く置いて腰高な状態でボールをインパクトする。

といった事が起こります。

踏み込みながらボレーを打つ

ボールを打つ打点まで移動距離がある場合など、大きく踏み込んで移動しないと打てないボレーでは、正確なインパクトの位置までボールを打つ前に体の軸や重心を移動(調整)しておくことが難しいので、大凡の位置まで前側の足を踏み込みつつボレーを打つということはあります。これはバタバタと足を細かく動かすより踏み込みながら打つ方が位置が調整しやすいからです。ただ、あくまで応用です。

ボールを正確にインパクトするためには頭の位置は動かず視線はブレない状態が望ましいですから体の軸を移動させながら打つのは望ましくはありません。ボールが捉えるのが得意ではない方なら尚さら “体の軸が止まった状態でボールを打つべき” です。

前側の足の移動と体の軸や重心の移動の連動が取れてない (踏み込みが速すぎる)

一方、「踏み込むタイミングが速すぎる」と言われたりしますが、インパクトのタイミングに対して前側の足(左足)を速く着地させてしまうのは、“体の軸や重心を移動させようとする動きと足の動きが連動していないため” だと思います。

ボレーで踏み込む理由は「ボールを打つ打点位置まで移動する調整のため」「横向きになっている体の中心軸を体の中心から前側の脚(左脚)の上に移動させて体の軸と重心位置を動かし、ラケットをしっかり支えられる態勢を取るため」の2つです。

よく「体重移動でボールを打つ」「ボールに打ち負けないように」と言った表現がされますが、“ボールに向かってダッシュしつつ打つ” のでもなければ、ボールを打つ際の僅かな距離の“体重移動がボールの飛びに影響する(ボールの運動エネルギーを増す)ことはない”と思います。スイングでボールを飛ばす要素はラケットの重さ、ラケット速度、適切な当たり方の3つですがボレーではラケット速度はありませんから “適切な当たり方”“飛んできたボールがラケットに当って反発するようにラケットを支える” のみです。

“適切に当たりラケットに当たったボールがきちんと反発するような体勢を取ること” と “体重移動” が異なるのは想像がつくと思います。

また、ボレーでは「長い距離を踏み込むことで遠くまでボールを飛ばす」「足の踏み込みボールを運ぶ」という説明もされますが、ボールの飛びに影響する程の速度でボールに向かって移動すると正確なインパクトができなくなるでしょうし、ラケットスイング(≒ラケットスピード)と同等の速度で踏み込むのはかなり難しいです。

あくまでイメージであると考えるべきで、より前方の位置でボールを打った方が前に動いた分、同じ反発力でも相手コート奥まで届くという感じでしょうか。

ボレーはスイングをせずにボールを思った所まで運ぶ必要がある分、自然と働く物理的要素(慣性の力と安定性)ではなく技術的な要素が増えます。技術的な要素が増えるということは各自が考える “うまく打つためのイメージ表現” が説明に用いられるということです。イメージと物理的な理屈は区別しないと混乱のもとです。

◯横向きのまま踏み込み、体の軸と重心が前側の脚上に移動してから打つボレー

体を正面に向けて打つ

ラケットをセットした横向きのままではラケットをしっかり支えづらいので対策として踏み込みを行うことを説明しましたが、実際プレイ中にボールを打つ際は“フォアハンドを打つ際と同様に、横向きの状態から上半身を回転させて体を正面に向けていく”ことが多くなります。

フォアハンドボレー2

コンチネンタルグリップで打つフォアハンド 1

横向きになってスクエアスタンスのテイバックからフォアハンドを打つ際も、横向きのままインパクトするのではなく、股関節から上の上半身をネット方向(ボール方向)に回転させていきインパクトすると思います。その方がラケットを振りやすい (=ラケットスピードを上げやすい)ことを経験的に知っているからです。

体をボール方向に向ければ、腕を体の前(肩の前)に置きラケットを支えられるようになります。ボールを打つ際にしっかりとラケットを支えるのに必要な「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」状況が作れます。

腕をしっかり振るには体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕があること

フォアハンドでも同様ですが、横向きのスクエアスタンスで体の軸が両足の中心にある状態の股関節から上を90度近く回転させるのは難しいので、体の軸及び重心を前側の脚 (左脚)の上に移動させつつ、股関節から上を回転させます。

体の軸を前脚側に移さず両足の中央で上半身を回転させるのは難しい

横向きのテイバックから上半身だけ回転させて正面を向く

だから、体の軸を前側の脚上に移動させた上で上半身を回転させる

体の中心軸を前側の脚上に移動させながら体を回転させる

ボレーでも、スクエアスタンスのように脚が直線になった状態でも打てますし、

オープンスタンスのように足の位置でも打てます。

端的に言えば「スタンスと股関節から上の上半身の向きは連動しません。」足、下半身、胴、肩、腕等は連動するものの正しく上半身を動かしネット方向に向けられるならスタンスの違いは関係ないということです。これは”現代的なフォアハンド”と言われるようなフォアハンドの打ち方にも共通するものです。(股関節から上を捻りそれを戻すことで打つ。手や腕ではなく体の自然な機能を連携させて打つ。)

実際にボールを打つ際にスクエアスタンスで全てのボールが打てる訳ではありませんし、オープンスタンスといっても1球毎に両足の付く位置や足の角度は変わるのが自然です。

プロ選手を見てもどんなスタンスでボールを打っても股関節から上の上半身は同じように見えます。つまり、重要なのはスタンスではなく理にかなった体の使い方、その体の使い方もテニス固有の特別なものではなく、誰もが普段の生活から使っているようなものだということです。さもないと無意識や咄嗟な時に足の位置や体の回転の仕方などを考えながらボールは打てません。反復練習もありますが元々皆ができていることだと考えれば理解しやすいです。

体を回転させた状態でボレーを打つことと、横向きを保って踏み込んだ状態で打つことは、体の軸を前側(ネットやボールに近い方)の脚上に移動させるという点では共通します。ただ、1つずつ考えていかないと分かりづらいと思います。

ボレーでボールを打つタイミングや打点の位置が分からない

初心者の方がボレーを打つ際、ボールを打つ打点の位置やタイミングをどこにとったらいいのか分からないのは、この “体の軸と重心を前側の脚上に移動させる” ということ、及び、“股関節から上の上半身を回転させながらボールを打つ” という2点がボレーの説明に加えられていないからだと思います。

横向きを保ち踏み込みながら打つと言われれば、足をつくタイミングとボールを打つタイミングの関係性ばかり気になりますし、体の軸を前側の足にしっかり移した状態でボールを打たないとラケットを支えられないので反発を得られるボールは思ったように飛びませんし、体を移動しながら打ってしまっては安定してボールを捉えることもできません。

また、上半身の回転により打点の位置は変わってきますが、横向きだろうが体を回転させようがラケットは「常に肩の前、体の前」にありますから、グリップの厚さや腕によりラケット位置の操作も含めて、人によって色んな位置でボレーが打てるので、どこで打つべきか、何が正解なのかと悩んでしまうことに繋がると思います。

スポンサーリンク

フォローする