上達を目指す際にまず知っておくべきこと

上達 = 技術を高めることではない

必要だと思う基礎的理解の中で「コツでは上達しない」「テニスの技術とはもっと高いレベルで用いるものだ」と書きました。

完全なフィクションですが、陸上短距離の日本記録を持つような選手にいい年した大人が「速く走るコツはなんですか?」と聞いたら恐らく失笑されるのではないかと思います。まるで子供がするようなレベルの質問だからです。

陸上は素人ですが、多分「正しく走れる」というのが大前提なはずです。

この正しく走れるというのは「正しい体の使い方」ができることで、それで生じる「正しいフォーム」で走れるということです。(形だけの問題ではありません。) その上で日々の様々な練習やトレーニングが積み重なっての結果という感じでしょうか。

横並びでスタートした短距離選手の走り方は皆同じ。正しいフォームで走るのが前提だから。

テニスは “ラケットという道具を使ってボールを打つ “ので、体を直接使って結果を出すスポーツとは条件が異なり、多分に「技術」という要素が注目されます。“上達する = 技術を高める” だと考えられているということです。

ボールを打つには技術を高めるよりも前に体の使い方を学ぶこと

コツは上達に繋がらない

技術を高める手段の一つとして考えられているのが「コツ」ですが、コツとは出来ている人が “強いて上げるならばこういう感覚” と話すような事柄で、言っていることが理解できた後は共感もできますが、できるようになる方法としては “感覚的でかなり不確か” です。

テニスにおける技術の高さとは

個人的に「テニスにおける技術とは10cmの違いを狙ってボールを的に当てるようなものだ」と思っています。技術は試合の勝ちを決める1ポイントには影響するでしょうが、ボールを安定的にしっかりと打つために必要なものはもっとはるか手前に存在するのでこれから上達を目指すという人にとって「技術をいくら高めても安定的なラリーを続けられるようにはならない」ということです。

テニスを教わる際に言われる「形をつくること」「技術を高めること」

実際にテニスを教わる際に言われるのは「形を作ること」「技術を高めること」などが中心ではないでしょうか?

例えば

「ボールに影響する物理的な事象や要素はこういったものです。だからラケットをどう振るか、どういうフォームで打つかではなく、その事象を起こす方法を考えましょう」

「人の体の構造はこうなっています。体をどう捻るか、腕をどう動かすかではなく、人が誰もが行える基本的な体の動きや機能をテニスでも使う方法を考えましょう」

といった説明はされないと思います。

それらが上達においてどういった意味を持ってくるかはなんとなくでも分かると思います。

見聞きする情報は自分にとって正しいのか?

私達が触れるテニスの指導や情報が全て同じような内容なのでそれが当たり前だと疑問にも思わないわけですが、他のスポーツの状況やごく当たり前の事柄を当てはめてみれば、色々と疑問に感じる点が思い浮かんできます。教わる側より教える側に都合よくできている気がするのです。

スクールに週1-2回真面目に通っているのに全然上達しない。部活で毎日練習しているのに自分だけ全然上達しない。こういった悩みを持つ人は大勢いるでしょう。プロ選手や競技者になるのならまだしも、普通に打ち合えるレベルにまでも上達しない理由は「自分にセンスがないから、運動が苦手だから」でも「コーチの教え方が悪いから」でもなく「当たり前のように見聞きしている情報が正しくないから」かもしれません。

多くの人が同じ期間で同じだけ上達してもおかしくない

スクールにおいても本来は殆どの方が全て同じ期間で同じだけ上達しておかしくないはずです。プロや競技者を目指すレベルではなければ、テニスは350万人もの人が続けているスポーツであり、初心者からの上達に運動能力やセンスは関係ありません。

習っていて、人によって上達のスピードが違う、人によってフォームが違うのは、指導ではなく指導を通じて提供される情報に課題があるためだと思っています。つまり上達の速度や上達内容は全て自分自身によるもの、指導はあまり効果を生んでないと言うことです。

また人によってうまく打てる人とうまく打てない人がいるといっても基礎的な情報を理解することなくボールを打つ感覚の中で変化が生まれているだけですから、打てていても調子が悪くなれば改善する方法がありません。たまたま “打てている” というだけです。それは上達とは呼べないと思います。

技術を高めるもっと以前に理解すべきことを教わることができない現実

トラック上に並び、走り出した陸上短距離選手が全員違う独特のフォームで走るということはありえないと思います。個人差はあっても皆同じようなフォームで走り、それが速く走るための最低限のこと大前提です。

人の体の構造は基本的には皆同じです。従って、人の持つ基本的な身体機能を用いて同じようなラケットで同じボールを打つにあたっての体の使い方は共通するはず、つまりごく基本的なフォームは皆同じようになるはずです。

一般プレイヤーのフォームが皆バラバラで個性があるのはそれだけ体をうまく使えていないから、皆が思い思いの方法でそれをカバーしようとしているためです。そこに弊害があり安定してボールが打てない要因があります。

皆が同じフォームで打たないといけないということではありませんが、ごく一般的な物理的法則や、日常生活でも用いるようなごく基本的な体の使い方を無視する意味はないと思います。

スポンサーリンク

フォローする