必要だと思う基本的理解 1

1.コツでは上達しない

テニスでも技術的話をする際に「コツ」という表現を多用します。でも、コツとは既にできている人が気をつけているポイントであり、出来てる人が聞けば確かにそうだなと思えても、出来ていない人が「コツ」に注目しても出来るようにはなりません。コツとは木で言えば枝葉の部分。根っこや幹が育っていないと枝葉まではたどり着けません。大事なの基本が出来ていることで、「基本」の習得にコツはありません。ただ理解とそれを再現できることです。なお、テニスを習うにも基本から理解しやすく学べる機会がないという問題も同時にあります。

2.「テニスの技術」とはもっと高いレベルで用いるもの

テニスを習っていると、自分がうまくできないのは技術が足りないからで技術が高まれば上達すると考えますが、「テニスの技術」とは基本よりもっとはるか上のレベルにあるもの、例えばボレーで10cmの違いを狙うようなものだと思います。単純にラケットをボールに当てるのも技術ですが、ラケットでボールをしっかり安定して打つために必要なのは色々なスポーツで共通して用いられる基本的な体の使い方で「テニス固有の特別な動作」ではありません。それらを理解し実践できている事が「基本」であり、ボールを打てることを「基本」とは呼べないと考えています。

3.自分は “出来てる” と思わない

続けていると上達の実感が自信になりますが、自分は出来ているという「自己評価」が上達の妨げになります。高い自己評価は「少しのきっかけでもっと上達するはず」と考えさせ、実際は必要な基礎的理解には目を向けずより高いレベルだけを求めます。不完全な土台の上に建てた建物をいくら増築してもバランスが悪いのは直りません。一般プレイヤーはその個性的なフォームのせいで明らかにミスを増やしています。上達に必要なのはどのレベルでも自分の状態を正確に把握、理解することです。それにはしっかりとした知識と理解が必要で、どんな些細なことでも知識を広く増やすことは自身の上達を助けます。”自分が知らない”という事を自覚しているという「無知の知」という言葉はテニスにおいても大いに当てはまります。

スポンサーリンク

フォローする