グリップの厚さとプロネーション2

前腕のプロネーションを確認する

前述の通り、プロネーションとは肘から手首までの前腕にある2本の骨が捻れることで起きます。ラケットに大きくその効果を反映させるには “前腕とラケットに角度が必要” になります。

プロネーション例1 (腕とラケットに角度がある)

例えば、ラケットをこのように持った状態で、前腕にプロネーション動作を加えると

前腕を軸にラケットは回転し、ヘッド側は円軌道を描きます。

つまり、前腕とラケットに角度を付けた状態でプロネーションを行うとラケットが大きく長い距離を移動するという事です。

プロネーション例2 (腕とラケットに角度がない)

角度が付かないこのような状態で前腕によるプロネーション動作を行っても、前腕を軸にラケット面が回るだけでラケットが大きく移動しない事がないのは分かりますね


この「ラケットヘッドが大きく動く」ということが「ラケットの加速させやすさ」「ボールへの回転のかけやすさ」に繋がる要素と考えられます。

プロネーション例3 (実際のサーブに近い動作では)

実際のサーブに近い状態で見てみると、サーブの振り始めでは前腕は “ニュートラル” の状態で、

少し変な図ですが、上の状態から前腕をプロネーションさせるとこうなります。

腕を全く動かさず前腕とラケットに角度を付けてプロネーションを行うだけでラケットがこれだけの距離を動くことができるという事です。とても大事な事になります。

なるほどだからプロネーションが大事なのかと納得してしまうのは早いです。

もう少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

フォローする