グリップの厚さとプロネーション3

厚いグリップで打つサーブのラケット軌道

厚いグリップで打つ “羽子板サーブ” のラケット軌道イメージを見てみます。

極端に厚いグリップでサーブを打つ場合、ラケット面は最初からボール方向を向いており、ラケットの中心軸と前腕は同一線上にあります。

つまり、厚いグリップでプロネーションを行っても、ラケット面はボール方向から反れてしまって正しく当たらなくなるし、プロネーションを行ってもラケット面が回転するだけでラケットは大きく動かないと言えます。

薄いグリップで打つサーブのラケット軌道

次に薄いグリップで打つサーブのラケット軌道イメージを見てみます。

プロネーションを行う理由その1

薄いグリップでサーブを打つ場合、ラケットは小指側のフレームからボールに近づいていくので、前腕を捻るプロネーションによりラケット面をボールに向けていかないと正しくボールを捉えることができない。これがプロネーションを行う理由の1つ目。

プロネーションを行う理由その2

もうひとつは、振り始めで前腕とラケットの間にある角度(仮に90度)を維持するようにラケットを振っていけば、プロネーションによりラケットヘッド側は前腕を軸に大きな円周軌道を描き大きく動くということ。これがプロネーションを行うもうひとつの理由です。

腕とラケットが一直線に伸びた形のインパクト

このため、薄いグリップでサーブを打つ場合でもラケットが加速している間に前腕とラケットが一直線になるような形になると「ラケットヘッドが動く距離を大きく取れない」ことになり、インパクト前後では「厚いグリップでサーブを打っているのと変わらなくなる」ということになります。プロネーションが起きてもラケットが前腕(グリップ)を軸に回るだけです。

“こういう腕を伸ばした状態こそサーブにおけるインパクトの形だ” と考えている人には違和感があるでしょうが、私は下図のような肘の角度、前腕とラケットの角度が付いた状態(※)でラケットがインパクトに向かうのが正しいだろうと考えています。野球のピッチャーがボールを投げる際に肘の角度を維持しているのを見れば分かります。

※それぞれ角度があるという点を1枚で分かるようこのような描写にしています。スイング中にこういう状態があるという訳ではないです。実際には、肘は後ろから前に動き、肘から先は内旋し、ラケットはプロネーションにより大きく回転します。ただ、野球のピッチャー同様、肘の高さはこの位でもサーブは打てるし、腕とラケットをまっすぐ伸ばしたインパクトはありえないということです。

ラケットヘッドが大きく動くと言っても、一般的にイメージしがちな「長い距離を動く= 加速できる」訳ではありません。加速にはエネルギーが必要ですが、ラケットの加速は50cmもあれば十分だからです。ただ、体全体を使った運動連鎖、外旋・内旋、回外・回内(プロネーション)を使ってラケットを振る中で薄いグリップの方がサーブにおいてラケットを加速させやすい握り方だと言えると考えています。

グリップの僅かな違いも認めない?

ただし、これらは極端に厚いグリップとコンチネンタル以上位に薄いグリップでサーブを打った場合を比較した場合のことであり、「イースタンとコンチネンタル位の違いでは大きな差は生まれない」ということは強く主張しておきたい点です。

サーブにおけるグリップの話が出ると、コンチンチネンタル以上に薄いグリップが絶対で、それより多少厚くなっただけのイースタングリップですら「とんでもない、絶対ダメだ」と否定する方がいますが、ほんの数度、角度が違う2つのグリップで一方は完全に問題がなく一方は完全にダメといった事が起きるはずがないということです。

この辺りも、ステレオタイプ(固定概念)に縛られず、まず疑問を持ち自分で考えてみることが大事です。

スポンサーリンク