回内(プロネーション)とは

前腕の機能としてのプロネーション

テニスでよく耳にする「プロネーション」という動作は、肘から手首までの前腕にある2本の骨(尺骨と橈骨)が捻れることで起きる動作です。


よく誤解される “手首を回す動作” ではありません。これは反対側の手で手首を押さえてしまうと回らなってしまう事で確認できます。手首に手の平を回転させる機能はありません。(撓屈、尺屈、掌屈、背屈の4つ)

スポンサーリンク

フォローする