打点でボールは押せない

「打点で力が入る」「ボールを押す」といった表現

初心者がテニスを教わる際、“空中の一点である打点”を示され、その位置にラケット面を指し出すくことで「この打点でボールを打つのだよ」と教わります。体の中心軸を前側の脚上に移動させながら体を回転させる

打点の位置に差し出したラケット面でボールに力を加えるんだといった具合に「打点で力が入る・押せない」「ボールを押す・押せない」という言い方をします。でも、空中に停止して動かないボールにラケット面を押し付けていくような「押す」状況は、テニスではありません。

固定されたボールにラケットを押し付ける

ストロークにおいては“スイングしたラケットで空中を飛んでくるボールを”打っています。

インパクトの0.004秒の間にもスイング中のラケットは13cm以上も前に進むということ

仮に120km/hの速度でラケットをスイングすれば、ボールとラケットが接触するインパクトの時間と言われる0.004秒程の間にもスイングされているラケットは約13cmも前方に動いています。

テニス インパクトの0.004秒の間にラケットは10cm以上前進する

「打点」と言うと空中の一点でボールを打つと考えること自体が実態に合ってない訳です。

体の前で物を押すということ

人が体の前に腕を置き、物を押すという状況はよくあります。

体の前で物を押す

人は前方に力を加える際、利き腕の肩よりも前、手が肩から上下左右に離れずまた前方にも腕が伸びすぎない(肘が曲がった)範囲でないと力が入りません。

でも、この “力が入る範囲” をフォアハンドのスイングで考えるなら“力が入る”ではなく “スイングスピードが最大になる” (※)という風に考えるべきでしょう。

※正確には、ラケットの加速度(速度が増す割合)はテイクバックの停止状態から瞬間的に加速した後しばらくの範囲で、ラケットが体を追い越した後は体の回転や腕の動きによる力が伝わりにくくなるので加速度は低下しラケットスピードも次第に低下してきます。ラケットスピードの最大値は利き腕の肩を追い越した直後位までと考えるのが妥当だと思います。そこでラケットとボールが接触し13cm前進すると考えれば理解できるはずです。

厚めのグリップで打つフォアハンド 1

ボールが飛び、回転がかかるのは物理現象

ボールを飛ばすのはラケットの持つ運動エネルギーの一部が接触によりボールに伝わるからで、その運動エネルギーの大きさは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表せます。

ラケットに固定されてもいないボールをラケットが動いているスイングの途中の0.004秒のインパクトの間に「押す」というのはイメージだけの例えに留めるべきですが、「ボールを押す」「打点で力が入る」と教われば皆「打点でラケットをボールに当て、ボールを教えてのだ」と考えますね。(そう説明する側も)

でも、物体であるラケットには慣性の法則が働き、スイングにより動き出したラケットは勝手に安定軌道を描くので、スイングに対して私たちが考えるべきは “ラケットを操作してボールに当てること”ではなく“ラケットのスピードを上げること” “正確に当たるかどうか” だけです。”正確にあたるかどうか”も慣性の法則により安定的な軌道で進むラケットに任せて邪魔をしないだけです。

テニス フォア ラケット軌道

ラケットの加速とラケット面の動き

テニスをやっていると “打点の位置でボールに対してラケット面をまっすぐ動かしていくスイング” は本当によく見ます。

テニス ラケットを動かしてボールに当てにいく

ラケットをボールに当てようとする操作から来るものですが初心者の方に限りません。ある程度打てるようになった方でもこういった“腕でラケットを操作するスイング”ではスイングスピードが上がりません。腕の力で速く動かそうとしても限界が低いし安定感も損なわれます。

繰り返しますがラケットには慣性の法則が働きます。停止状態から腕に引かれ始め、体からより遠いラケットの速度は加速する中で体の回転や腕の動く速度を上回るので、途中でそれらを追い越して前に進んでいきます。

真後ろから追従してきたラケットヘッドが体と腕を追い越し、前に進んでいくのが分かると思います。

“テイクバックの停止状態からの短い距離での瞬間的な加速は体の回転や腕に引かれることによる”のですが、動き始めて以降は体の回転や腕に引かれる力よりも“ラケットが物理法則で自然と速度が増す部分が大きい”です。必要なのは腕をリラックスさせた状態でいることでラケットが慣性の法則で前方に進んでいくのを体の機能や仕組みによってサポートするだけです。

上のラケット面をボールに当てにいく動きとはラケット面特にラケットヘッド側の動きが全然違うと思います。ラケットスピードが上がればボールスピードも回転量も増やせ、ラケットは自然と安定した軌道で動きインパクトも楽になる。いいことずくめです。

テニスは進化してきており、長年研究されて改善されてきた結果がこの「現代的なフォアハンド」になっていると言えます。「ラケットをボールに当てに行く、打点でボールを押す」のではなく、「ラケットを安定的に加速させラケットスピードを上げる」ことがスイングの目的となるのが分かるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする