ラケットとボールは固定されていない

ラケットとボールは固定されていないということ

テニスをやっている人の中でもまず注目されることはありませんが、『ラケットとボールは”動かないよう固定されている”訳ではない』と理解することはとても大事だと考えています。

前述したようにボールを飛ばすのはスイングによってラケットが得る運動エネルギー(1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード^2 (2乗)で表される)です。

ボールを手に持って投げるピッチャーであれば “腕を振る速さ(運動エネルギー)がほぼそのままボールの速さ&回転量に反映される” と言えるのですが、テニスにおいては、『ボールはラケットと接触することで始めて飛び、回転がかかるための運動エネルギーを得る』という違いがあります。(野球で言えばバッターもそうですが。)

ボールを投げる 

ボールを打っても、打たなくてもスイング自体は殆ど変わらない

一般的にテニスでは「ラケットでボールを打つ」と考えますね。

でも、考えて見れば、ラケットとボールと接触する・接触しないを問わず、テイバックの位置から始まったスイングはフォロースルーまで続きますし、ボールに接触してもスイングスピードが極端に落ちたり、そこでスイングが止まったりすることもありません。

わかるでしょうか?

このことから「ラケットでボールを打つ」というプレイヤー側からの見方ではなく、「スイングによりスピードを得て動いてるラケットに接触することで、ボールが勝手に飛んでいっている」というボール側からの見方もできると思っているのです。

私は物理は全くの素人ですが「ラケットの重量(300g程度)とその速度、ボールの重量(56g程度)とその向かってくる速度を比較した場合、それぞれの積で計算される運動エネルギーの大きさはラケットの方がはるかに大きい。ラケットとボールが接触することでラケットの運動エネルギーの一部がボールの飛びと回転に反映される(ボールは逆向きに飛んでいく)が、ボールに比べてラケットの持つ運動エネルギーの方が大きいし、プレイヤーがインパクトでラケットを停止させる(操作で止める、速度を落とす)といったことをしない限り、ラケットはフォロースルーまで動き続ける。つまり、ラケットとボールの大きな重量差及び速度の差がある限り接触(インパクト)におけるラケットへの影響(速度低下等)は小さい」のだろうと思っています。(色々間違っていたらすいませんが。)

例えがよくないですが、全速力で走っている大きな牛に人がぶつかったら、人は吹き飛ばされてしまうでしょうが、牛は影響を受けなかったように走り続けてしまうようなものでしょうか。

『ラケットをボールに当てる・ぶつけると考えること』と『安定的にラケットスピードを上げるにはと考えること』

ラケットという道具でボールを飛ばさないといけないテニスにおいて、“スイングを伴うショットであるストロークやサーブ” で大事なのは、“ボールに接触させること(当てること)” のはるか手前にある『ラケットの持つ運動エネルギーを大きくするためにラケットスピードを如何に安定的に上げるかということ』だと言えます。

ラケットスピードを上げればボールとの接触によりラケットが受ける影響 (ラケットスピードの低下やラケット面のブレ)も小さくなるはずです。

力んで力任せにラケットを振ったり、体全体を使って打とうと無理のある体の使い方や体の軸や体全体が大きくブレてしまうような体の使い方をしてもボールを打つ度に “安定的に速くラケットを振ることは難しい” のは想像がつくと思います。

それが全てを表している訳ではないですが、『素振りで安定的な体の使い方、フォームで安定的に速いスピードでラケットをスイングできなければ、実際にボールを打ってもイメージするようなボールは打てない』と言ってもいいかもしれません。

「テニスにおいて素振りに意味があるのか?」

という議論はよくされますが、私は「”形”としてのフォームを確認するためなら意味は人それぞれで参考程度にしかならないと思うが、人の持つ体の機能や使い方を確認するには素振りは意味はある」と考えています。

体の機能の使い方の確認はラケットを持たない状態でもできますが、ラケットの重量とスイングで動くことにより働く慣性の力や遠心力が体の機能に影響し動く過程はラケットを持っていないと体感できないからです。

前述のようにボールを打つこと・打たないことはスイングに大きな影響は与えないと思っているので、練習のためとボールを何百球も打ち続けるなら、体の機能や使い方とラケットの関係を確認する素振りをする方が余程理解が深まるはずです。同様に、部活の練習で新入部員に“形”としてのフォームを確認させるために何百回も素振りをさせたりすることのは殆ど意味がないと思います。ラケットを振る”形”ができてボールを打ち始めても相互の連動性も効果も生まないでしょう。理解無くボールを打ち続けること、形を気にして素振りをすること、どちらも上達への遠回りでしかないでしょう。

テニスのスイングは特別なものではない

初心者がテニスを教わる際、テニスコートで実際ボールを打ちながら指導できる人(経験者)に直接教わらないといけない、そうしないと上達しないという固定概念がありますが、道具を使ってボールを打つスポーツは他にもたくさんありますし、人の持つ体の機能はほぼ共通であり、テニスだけに他のスポーツではありえない特別な体の使い方をすることもあるはずがありません。

ラケットを使って10cm単位でボールをコントロールして狙った位置に打つのは“テニスにおける技術”かもしれませんが、ラリーの中やサーブを打つ際、安定的でスムーズにラケットをしっかり速く振る方法は、誰もが持つ体の機能を正しく使うこと以外に考え様がないはずです。

それを体格や筋力、運動能力、運動経験の差だと考えたり、技術がないから速くラケットを振れないんだと考えたりするから、基本の本質と言える部分がスッポリと抜け落ちたまま、”コツ”の類を聞きまくったりすることになってしまい、実際、それでは自分が思うほど上達もしないはずのも事実なはずです。

ラケットは速度を持つ中で勝手に安定的な軌道を描く

物体であるラケットには慣性の法則が働きます。

停止状態にあるラケットはその位置に留まろうとしますし、停止状態から手に引かれ速度を得たラケットはその進む方向に直進し続けようとします。

体の回転に伴いスイングされるラケットは、直進しようとする慣性の力が手によって体の中心に引っぱる力によって方向が曲げられ “円軌道” を描くわけですが、2つの力が作用することで中心に引っ張る力とは反対側に外側に引っ張られる力として “遠心力” が感じられます。この外側に引っ張られる遠心力もラケット軌道の安定に関係します。ラケットスピードが速くなるほど遠心力も強く感じられるからです。

ラケットをボールにぶつけよう、当てようとしなくても、ラケット軌道は勝手に安定する要素がたくさんある訳です。それならまず考えるべきは、体の機能と使い方を理解してラケットを安定的に加速させられることです。

まとめ

少々蛇足となってしまいましたが、考えるべきは“体の機能とその使い方の理解”“ラケットが動き速度を持つことの意味”です。

体の機能を理解し正しく使えれば、多くの人が一定以上の速度でラケットは安定的に速くスイングすることができます。ラケットの重さは300g程度、文庫本2冊程度の重さです。正しく体を使っても重くて満足に振れない人は少ないでしょう。

ラケット軌道が安定するならラケットは”自然と”ボールに安定して当たります。毎回、頑張ってラケットを当てようとする方が余程正確なインパクトを邪魔してしまうはずです。

テニスを教わる際「ラケットを使ってボールを打つ」ことを前提に教わり、残念ながら、体の機能や構造、その使い方をテニスの場合に当てはめて説明されることはまずありません。

もし、そういった視点で考えることができるなら、初心者の方がいつ上達するのか分からないまま練習を続け、なかなか上達しないことでテニスは難しいと考えてしまい、コツの類に上達のヒントを求めたりして上達に向けて遠回りをする時間も減らせると思います。

スポンサーリンク

フォローする