厚い当たり・ボールを潰すとは

厚い当たりで打つ・ボールを潰して打つ

テニスでボールを打つ際によく聞く話題で「厚い当たりでボールを打つには?」「ボールを潰して打つには?」といったものがあります。

しっかりボールを打てている上級者の方やプロの選手が打っている様子を見るとボールとラケットのインパクトはいわゆる”かすれた”ような当たり方ではないし、音も重みのあるインパクト音(打球音)がします。

自分達との違いにあんな風に打つにはと考えるだろうし、周りで「厚い当たりで打っているから」「ボールを潰して打っているからだ」と聞けばその方法を知りたがるのも当然です。

でも、考えれば簡単に分かりますが“そんな秘密めいたコツのようなもの”はありません。

厚い当たりとは?

スイングされることでラケットは加速し、運動エネルギーを持ちます。ボールとの接触によりその一部がボールに伝わり、伝わった運動エネルギーはボールスピードと回転量に反比例的に分配されます。

ラケットとボールは固定されている訳ではないので運動エネルギーが伝わるには接触が必要、接触の仕方によって伝わる運動エネルギーにロスが生まれます。

ラケットとボールの接触(インパクト)を考えた際、ボールを打ち出そうとする角度・方向に対し、その真後ろから90度のラケット面でボールに当て、そのまま打ち出し角度・方向に進めていくのが最も力が伝わりやすい(運動エネルギーを伝えやすい)し、正確にボールを捉えることができるのは分かると思います。

この角度はズレても5~6度の範囲に収めるべきと言われているそうです。

テニス、ラケットはボールの打出し角度に対し真後ろから90度で当てる

一方、硬式テニスでストロークを打つ際は“トップスピンをかけて打つ”のが必須なので、教わる通りに“ボールの下から上に”ラケットを振れば、上の図と違い“スイング軌道と打ち出し軌道はズレ、ボールを捉える打点は交差する1点だけ”になります。これでは毎回正確にボールを捉えるのは難しくなりますね。

テニス スイング ボールの下から上に振る

その上、スピンをかける際にボールに打ち負けまいと “ボールの打ち出し角度・方向に向けておくべきラケット面を伏せて” しまったり、

テニス スイング ボールの下から上に振る ラケット面を伏せる

スピンをかけようとインパクト前後にラケット軌道を急激に持ち上げたりすれば、当たり方が毎回違って安定しなかったり、かすれた当たりになるのは当然のことです。

テニス ストローク ラケット面を振り上げる

計算上、ベールライン中央付近の地面から80cmの高さの打点から、ネット中央部の一番低い高さの2倍の高さ(1.8m)を通過させるための打ち出し角度は“水平+4.943度”(約+5度)です。

ベースラインからネットの2倍の高さを通過させるための打出し角度

水平 +5度の打ち出し角度があればネットの2倍の高さを通過できるのに、トップスピンをかけるためにとそれ以上の角度である水平+20度、水平+30度或いはそれ以上の角度でラケット面を持ち上げる、振り上げるのではラケットからボールに伝わる運動エネルギーはボールを飛ばすことより回転をかける方に多く割り振られ、且つ、正確に当たりにくいことで伝わる運動エネルギーに大きなロスが生まれます。

つまり、厚い当たりとは「ボールの打ち出し角度・方向に向けてできるだけまっすぐラケット面を当てていけている状態」だということです。

でも、厚い当たりがボールの打ち出し角度・方向に対してまっすぐラケット面を当てていく状態だと言うならラケットからボールに伝わる運動エネルギーはボールを飛ばすことに殆どを割り振られ、回転はかからないフラットなボールになってしまうのではないかと思うと思います。

それにはボールに回転をかける方法が違ってくることで解決できます。実際に男子プロ選手がボールを打つスイングを見ると私たちが習うようなボールの下から上にラケットを振っている選手はまずおらず、ボールを打ち出す角度・方向に向けてラケットをまっすぐ振っていて、それでもあれだけ強烈なスピンはかかっているのです。

ポイントは「運動エネルギーを大きくするためにはスイングスピードを上げる」ということと体の使い方にあります。いわゆる「現代的なフォアハンド」という打ち方です。

細かくはフォアハンドにおけるプロネーション 以降に書いています。

ボールを潰すということ

ボールはゴム製で空気が入っているので何かに接触すれば簡単に”変形”します。

サーブの前にボールをついただけでも変形しますし、

ボールとラケット(ガット)が接触した際、どんなにゆっくり飛んでくるボールにどんなにゆっくりスイングしたラケットが当たっても必ず変形します。

もちろん軟式テニスのボールほど簡単に変形する訳ではありませんが、一般に言われている「ボールを潰す」というのは “単に潰れる度合い” の話だということです。

「それは分かっている。強く潰したいんだ。」という方も居るかもしれませんが、そう言ってしまう方は理解が不足している証拠だと思います。

前述した“厚い当たり”をすればラケットからボールに伝わる運動エネルギーを小さいロスで伝えることができます。

より多くの運動エネルギーが伝わるということは一般的な言い方をすれば「より強い力が伝わる」ということです。

小さい力が伝わっても変形するボールですが、当然、大きい力が伝わるほど“大きく変形”します。

最初に延べたようにラケットからボールに伝わる運動エネルギーの大きさは、純粋に運動エネルギーを大きくすることで増加し、正確に当たることで伝達ロスを小さくできます。

運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2(2乗)」で計算できますからラケットスピードを上げれば2乗で増やすことができます。

伝達ロスを小さくするには正確に当てることであり、上で述べたインパクトにおけるラケット面の角度が重要となります。

スイングスピードを高めつつ正確にボールを打つことができる「現代的なフォアハンド」については理屈を含めて書いているので、他のページも順に見ていただければと思います。

関連ページ

ラケットでボールが飛ぶ理屈
ラケットスイングで発生した運動エネルギーがボールに伝わることで飛んでいきます。運動エネルギーはラケット重量とスイング速度に依存します。ボールに当たる際、運動エネルギーはボール速度と回転量に分配されます。当たり方により伝わるエネルギーにロスも生まれます。
ラケットをスイングする意味
ボールを飛ばす角度や方向を作るだけなら止めたラケットで打つほうが確実です。ラケットをスイングする目的はラケットの運動エネルギーをボールに伝えることです。ただ、ラケットを使うことでボールを打とう、操作しようという意識がラケットの安定した加速を阻害します。ラケットをしっかりスイングしながら正確にボールを捉える必要があります。
フォアハンドにおけるプロネーション
フォアハンドやバックハンドを打つ際トップスピンをかけて打つのが基本とされますが色んな意味で「誤解がある」と考えています。ボールに回転がかかるのはシンプルに物理現象であり、発生する要因は何でもかまいません。こうやって打たないとスピンはかからないという考え方は不自然です。
スポンサーリンク

フォローする