ラケットを加速させる

ラケットを加速させる

ラケットの持つ運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケット速度 ^2 (2乗)」で表せます。ラケット重量を増やしても運動エネルギーは増えますが、シンプルに言えば2乗で増えるラケットスピードを上げる方が効果は高いと言えます。ラケットの運動エネルギーはボールとの接触により、(ロスを伴いますが) ボールスピードと回転量に反比例的に分配されます。つまりボールスピードを上げるにも、回転量を上げるにもラケットスピードが重要ということです。

ラケットスピード ≒ スイングスピードではない

普段、ラケットスピードとスイングスピードを区別せずに使っていますが「ラケットスピードとはラケットの速度」「スイングスピードはラケットを引く腕や体の速度(ラケットを振る速度)」と考えれば、両者には速度的に差が生まれる要素があります。腕よりもラケット、特にラケットヘッド側速度の方を速くすることは可能だからです。

ラケットは腕よりも速度が速くなる

テニスにおいてラケットを加速させることは重要です。前述の通り、ラケットスピードがボールの速度と回転量に大きく影響するからです。また、ラケットをスイングする際、“腕よりもラケットの速度の方を速くする” ことが重要です。

具体的にどういう打ち方になるかは分からなくても 「体と腕、ラケットが同じ角度で回転する、動いていくようなスイングでは “スイングスピード = ラケットスピード”となる。また、速くラケットを振ろうとしてもラケットスピードも上がりにくい」のは想像がつくのではないかと思います。

スイングによってラケットは腕よりも速度が速くなる

野球のピッチャーはボールを直接手に持っているので「腕を振る速度 = ボールが飛んでいく速度」と言えますが、バッターの場合はバットでボールを打つ際、体とバットが同一角度で回転するのではなく、「体が先に回転を始めるものの、遅れて始動した後、速度が増したバットのヘッド側が体の回転を追い越し、体よりも前に進んでボールに当たり、更に前に進んでいき、上に持ち上げられながらフォロースルーに繋がる」打ち方の方がバットの速度も上がりやすい = ボールに遠くまで飛ぶのは理解できると思います。

いわゆる「バットのヘッドが効いている」といった打ち方です。

は両手で持つ野球のバットは、前側にある手がリードすることでバットを体よりも前方に誘導する役割ができます。写真の “左手は左肩よりも後ろ” にありますね。

バットは1kg近い重さなので”1/2 x 重量 x 速度^2″ の計算からスイング速度よりもバット重量の方が運動エネルギーに影響が大きい (慣性の力で進むラケットを使って飛ばす) と言え、これに較べて軽量なラケットでボールを打つテニスでは、よりラケットの加速やラケット速度を考えたスイングになると言えます。

スポンサーリンク