ラケットの加速と打ち方の関係2

正面を向いた状態から上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンド

正面を向いた構えの状態(レディ状態)から上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンドでは、テイバックの位置から捻りを戻す事でボールを打つのに必要な“体を正面に向けた状態” を作ることができます。

正面を向いた状態から上半身を撚るテイバック

前述した、人が力強くボールを打つための「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」状態が、捻りを戻すだけで “シンプルに” 作れる訳です。

腕をしっかり振るには体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕があること

ただ、実際にはラケットを持ち自然と構えを取ったレディ状態自体が “肩よりも前に腕がある体の構造や関節的に無理のない状態” なので、捻りを戻すことでそれに戻せるとも言えます。

ラケットを持ち正面を向いた構えの姿勢

上半身を撚るテイバックを取る打ち方では加速したラケットが腕や体を追い越しやすい

ラケットの加速と打ち方の関係1 で確認した「スクエアスタンスによる横向きのテイバックを取ってから打つ打ち方」と比較すれば、上半身を撚ることでテイバックを取る打ち方では、「捻りを戻し始めた初期の段階でもテイバックから加速したラケットが腕や体の位置を追い越す状態になれる」という特性があります。

なぜかと言うと、正面を向いた構えの状態から上半身を中心に体を捻ってテイバックを取った状態まで、前述した「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」状態なままだからです。

テイバックからフォロースルーまで腕とラケットは常に利き腕の肩よりも前にある

正面を向いた状態から上半身を撚るテイバック

上半身を捻ってテイバックしたフォアハンド、インパクト付近

これに比べ、スクエアスタンスによる横向きのテイバックから打つフォアハンドでは、テイバックで利き腕肩の延長線上以降の位置に腕とラケットをセットします。上半身を撚るテイバックのように肩よりも前に腕やラケットをセットしては”体の回転に伴うラケット加速がしづらい”ためです。

スクエアスタンスによるテイバックでは腕とラケットは利き腕肩の延長線上よりも後方にある

スタンスと体を横向きにするスクエアスタンスによるテイバック

肩よりも前に腕をセットしても、体の回転とラケットの加速が連動しづらい

スクエアスタンスによる横向きのテイバックから打つ場合、元々体を力強く回転させづらいため、肩よりも前にラケットがある状態では”体と腕やラケットの回転は同角度で動いて”いき、一層ラケットの速度を上げづらくなります。(動く距離が短くなるためではありません。体の回転との連動性の問題と言えるでしょうか。)

スクエアスタンスによる横向きのテイバックで腕を肩よりも前に置く

上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンドの特性

つまり、上半身を撚ることでテイバックを取る打ち方は、

1)人の体の構造上、より自然にラケットをスイングできる

2)ラケットも加速させやすい

と言えます。加えて言えば、

a. テイバックの位置から打点までの距離が短くなるのでボールを捉えやすい

b. スクエアスタンスによる横向きのテイバックから打つような体の中心軸を前方によせる動作が不要、頭の位置や視線がブレずボールを捉えやすい

b. テイバックの位置から肩よりも前の位置まで腕でラケットを動かす操作が不要なため、よりリラックしてスイングできる

といった利点もあります。

体の構造や機能に無理なくスイングできるので、20年程に劇的に進化したラケットやガットの特性を活かした打ち方とも言えます。(無理をしてラケットを加速させたり操作したりする必要がない打ち方。)

上半身を撚ることでテイバックを取るフォアハンドのイメージ

スポンサーリンク

フォローする