ラケットスピードとグリップの関係性

加速したラケットが体の位置を追い越し前に進んでいくには厚くないグリップの方が向いている

打点の位置に相当する “ボールの打ち出す角度に自然とラケット面が向く (打ち出し角度に対し真後ろから90度で当てるのが最も正確にインパクトできる) ラケットの位置” はグリップの厚さによって変わります。

グリップが厚ければ打点の位置は自然と前に、グリップが薄くなれば体に近く(体の真横に近く)なります。

体の中心軸を前側の脚上に移動させながら体を回転させる上半身を捻ってテイバックしたフォアハンド、インパクト付近

これに関連し上で書いたように極端に厚いグリップで打つ場合、“ラケットが加速し、腕や体を速度的に、位置的に追い越すタイミング自然と遅くなり体から遠く”なります。打点の位置が前になる訳ですから当然ですね。

ラケットは体から離れるほど速度が低下する

また、ラケットの加速度(速度が増す割合)が最も高いのはテイバックから振り始めた直後です。スイングによりラケットの速度は増していきますが「ボールを打つための体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある状態」とも関連して、テイバックの位置から加速しながら一旦体に近づいたラケットはインパクトからフォロースルーにむけて体から離れていきます。ラケットは体から離れるに連れて加速しなくなり、最終的にはラケットスピード自体も落ちていきます。そのゴールがフォロースルーです。

つまり、極端に厚いグリップを用いるとスイングしたラケットが打点の位置に到達した際、体からラケットがより離れてしまうことで、ラケットスピードが低下する懸念があると考えています。

私見ですが、実際にウエスタングリップを上回るほど厚いグリップでフォアハンドを打つ方のインパクト前後のラケットスピードは本来その人が出せる測度よりも遅くなっていると思います。もちろんグリップだけで決まる訳でではないですが、打点が前になり体から離れると当然 “それ以上ラケットを前に進めることが難しくなるので速度は低下、体の機能的に前腕のプロネーションでラケットを持ち上げる (回転がかかる)動きが中心になる” と思います。

このため(個人的にはですが)、ラケットの加速やスイングスピードを重視し、ラケットの運動エネルギーをボールスピードやボールの回転量に効率的に反映させようと考えるなら、さほど厚くないグリップで打点の位置をさほど体から遠くない位置 (※体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある状態) に置くのがよいのではないかと考えています。

こういった打ち方をする代表例が、フェデラー選手やナダル選手です。

フェデラー選手のフォアハンド

ナダル選手のフォアハンド

スピンのイメージからナダル選手のグリップは厚いだろうと考える人も多いでしょうが、ナダル選手のグリップは一般に言われるセミウエスタングリップぐらいの厚さです。

コンチネンタルで打つ等体に近すぎる打点では逆に打点付近でラケットを十分加速させることが難しくなりますが、適度に厚くないグリップで打つことで “スイングしたラケットの加速度が落ちてない、ラケットがそこから更に前に進んで行こうとしている位置でボールを捉えること” ができ、運動エネルギーが高い状態でそれをボールに伝えることができると思います。

注意点としては、ラケットスピードが速く、大きく動いている部分でボールを捉える訳ですからよりボールを正確に捉えることはより難しくなります。実際フェデラー選手やナダル選手のインパクト前後のラケットは大きく動いています。

現代的なフォアハンドに関する注意点そのものですが、尚さら、腕や手を使ってラケットをボールに当てよう、ぶつけようとする操作が正確なインパクトを阻害することになります。加速させたラケットが慣性の力で自然と安定した軌道を描くことを上手く使う必要があります。

厚いグリップで打つのであれば

ジョコビッチ選手やマレー選手は一般で言うウエスタングリップ相当の厚さで打っています。

動画等で見る限り、両選手はフェデラー選手やナダル選手に比べてインパクト前後におけるラケットの移動は大きくないようです。(インパクト付近のラケットスピードがフェデラー選手ら程速くないということかもしれません。)

ただ、前述の “インパクト前後ではラケットはそれ以上前に進めずプロネーションで持ち上げる動作が中心になる” ということはなく、やはりラケットが慣性の力で加速し前に進み続けようとするのをうまく使い、手首を柔らかく可動させ (ラケットの動きを助けることでフェデラー選手はナダル選手ほどではなくても) インパクト後もラケットのヘッド側が前方に進んでいく動きを確保しているように思います。

ジョコビッチ選手のフォアハンド

スポンサーリンク