フォアハンドにおける体重移動という話

皆が最初に教わるフォアハンドの打ち方

ラケットスピードを上げる話をする都合で、テニスを始める際、“最初に教わるフォアハンドの打ち方” を考えます。恐らくテニスを習って初めた殆どの人が当てはまると思います。

最初にフォアハンドの打ち方を教わる際、正面を向いた構えの姿勢から、足を動かし、体とスタンスをネット側に対し真横を向いてテイバックするよう教わると思います。スクエアスタンスと呼ばれるスタンスによるテイバックです。

スタンスと体を横向きにするスクエアスタンスによるテイバック

テニスで言われる体重移動という話

テニスを習っていると「ボールを打つ際は体重移動して打つ」「体重移動してボールに体重をぶつけていかないと打ち負ける」といった説明を受けることがありますね。

でも、この “体重移動” とは何でしょうか?

イメージ的な表現で具体的な体の機能について説明している訳ではないですね。

体重移動を「ボールを打つ際、”体の重心” をボール方向に動かす」という意味で言っているのであれば、男子プロがフォアハンドを打つ際、“体の重心位置に影響するである体の中心軸” はテイバックからフォロスルーまでほぼ動きません。

フェデラー選手のフォアハンド

体重移動をしないと打ち負けるというなら男子プロの打ち方でしっかりとしたボールが打てないことになります。

これに対し知識のある人は「プロの打ち方はスタンスが違う。オープンスタンスだから体の中心軸が動かないんだよ。」と言われるかもしれません。でも、それなら “何故スタンスによって違いがあるのか、オープンスタンスだと何故重心を移動させなくても打ち負けないのかの説明にはなっていない” ですね。多分、多くの人がこの辺りまででそれ以上考えることがないので “体重移動とは何か?” が分からないままになっていると思います。結果、言われるままに体重移動が必要だと思ってしまいます。

体重移動とは中心軸の移動

私は「体重移動と言われるのは体を回転させる中心軸の移動だ」と考えています。

スクエアスタンスによる横向きのテイバックでは、体の中心軸は両足の中央にあります。

スタンスと体を横向きにするスクエアスタンスによるテイバック

スタンスはネット方向に対し90度近く横向きになっているため、スタンスを動かさないでボールを打つために体を正面に向けるには、上半身だけを回転させる形になります。

横向きのテイバックから上半身だけ回転させて正面を向く

ただ、これでは十分に体を正面に向けることが難しくボールも満足に打てませんね。

このため、スクエアスタンスによる横向きのテイバックを取る際は「体の中心軸を前側(左足)の脚上に移動させてから体を回転させる必要がある」のです。

体の中心軸を前側の脚上に移動させながら体を回転させる

こうすれば、足先から頭の先までを一つの軸として体を回転させることができるので、楽に体を正面に向けることができます。

同じ理屈で、上とは逆に「体の中心軸を後ろ側(右足)の脚上に移動させて体を回転させる」ことも出来ます。

テニス フォアハンド 後ろ側の脚上に体の中心軸を移して打つ

これは、自分が居る位置に対して予想よりも深いボールが来た際などに使われたりするのでイメージができると思います。

体の中心軸を前側の脚上に移動させて体を回転させてボールを打つ

これはフィギュア選手がスピンする際、一方の足を回転軸にするのと近いと思います。

男子プロ選手がボールを打つ際、目に見える形で体の軸を移動させなくてもボールが打てるのは、「正面を向いた状態から股関節から上を捻ってテイバックするので、スイングする際はその捻りが戻るだけ。体の中心軸は最初からボール側(前方)に近くにありそこから動かす必要がない。このように体を回転させる(正面に戻す)のに支障となる要素がないため」です。

打ち方の違いはスタンスの違いから生まれるものではない

気をつけないといけないのは「これらの打ち方の違いがスクエアスタンスとオープンスタンスというスタンスの違いから生まれるものではない」ということです。

スクエアスタンスによる横向きのテイバックでボールを打つことが身についている人は、スタンスだけをオープンに変えても、股関節から上の形は変わらないことが殆どだからです。

前述の通り、“テニスを習う際、殆どの人がスクエアスタンスの横向きのテイバックからボールを打つことを習う” ので、スタンスの違いに興味を持ちオープン系のスタンスを導入したとしても、股関節から上の動き、つまりボールの打ち方自体は変わっていない人が殆どだと思います。

男子プロの打ち方が「現代的なフォアハンド」だとするならその打ち方をきちんと教わる機会が身の回りにはなかなかありません。皆がスクエアスタンスの横向きテイバックからボールを打つ打ち方で習うため、これらの違いについて知る機会がなく、皆が “スタンスの違いが打ち方の違いなのだ” と誤解してしまうのです。

かなり上手いレベルの方でも、スタンスがオープンでも体の使い方はスクエアのままという傾向は見られます。違いを教わる機会がないから当然とも言えますが長く続けていることで身についてしまっているという面もあります。もちろんそれでボールが打てない訳ではないですが “理解できればストロークの安定やラケットスピードの向上” も期待できるはずです。(スクエアの打ち方自体に制約が多いのでスタンスだけオープンにしてもそれは変わらないため。)

引き続きラケットスピードを上げるということについて書いていきますが、“この体の使い方の違いが非常に重要となる” ことは理解する必要があります。これらの違いを理解せずラケットスピードを上げるにはどうしても “無理をして速度を上げる” という方向になり安定したストロークを阻害してしまいます。

手っ取り早く強いボールが打ちたいという人は逆に延々と遠回りをしているだけです。上達に近道はありませんが正しく理解することは無駄な遠回りをせずに済むということです。どちらが時間を有効に使えるかは考えるまでもないと思います。

スポンサーリンク

フォローする