ラケット面の大きさを考える

テニスラケットのフェイスサイズ(ラケット面)の大きさとボールの飛びや扱いやすさ、扱いづらさは関係ない

市販されているテニスラケットのフェイスサイズ(ラケット面の大きさ)は90インチ強から120インチ位まであると思います。なお、一般には”90インチ”等と言っていますが面積なので正確には”90平方インチ”です。

テニスラケットの話題になると必ず言われるのが「初心者なら100インチ位がいい」「95インチ以下は難しいラケットだ」105インチは大きめだね」と言った会話です。

ただ、結論から言うと

『”ラケットのフェイスサイズ” と “ボールの飛び” や “扱いやすさ” は関係ない』

と言えます。

テニスをやっている殆どの人がこういった前提で話をしているので、関係ないと言ってもピンとこないかもしれませんが、色々と考えていくとこういう結論にたどり着きます。

ラケット面の大きさの違いを確認してみる

まず、ラケット面の大きさを数値的に較べてみましょう。

私の憧れの選手であるピート・サンプラス選手が使っていたPro staff midは85インチで、復刻版が不定期に販売されていたりします。フェデラー選手が以前使っていたPro staffが90インチです。今市販されているラケットで一番フェイスサイズが小さいのは93インチでしょうがここは数社設定のある95インチ、その次に設定がある98インチ、そして標準と言われる100インチ、後、105インチ、110インチ、120インチで大きさを比較してみます。

とは言っても、ラケットフェイスの形はメーカーによって様々で縦横比も違うので、分かりやすいように “各サイズの面積を持つ円” を使って比較してみます。

ラケット面が円だとしたら

各フェイスサイズの面積を円で換算した場合のサイズ比較

フェイスサイズ
(平方インチ)
面積(平方m)円の半径
85平方インチ0.0548386平方m0.132119902m
90平方インチ0.0580644平方m0.135950258m
95平方インチ0.0612902平方m0.139675612m
98平方インチ0.064516平方m0.143304154m
100平方インチ0.0677418平方m0.146843061m
105平方インチ0.0677418平方m0.146843061m
110平方インチ0.0709676平方m0.150298665m
120平方インチ0.0774192平方m0.156981836m

直径でもいいのですがラケットフェイス周辺部でどの位大きさが違うかが分かるように半径で比較しています。※以下平方インチと書きます。

一番小さい85平方インチの円の半径は約13.21cmです。
95平方インチだと約13.97cmで、85平方インチとの差は “7mm” です。

100平方インチだと半径は約14.68cmです。
90平方インチとの差は1cm程、95平方インチとの差は “7mm” 程度ですね。

この中で一番大きな120平方インチで半径は15.7cmです。
100インチとの差は “約1cm” です。

一番小さな85平方インチと一番大きな120平方インチを比べると半径の差は” 約2.5cm” です。

テニスラケットのストリング(ガット)の1つのマス(四角い目)の大きさがだいたい1.5cm位なので、ラケット面が丸い円だと仮定しても、90平方インチと100平方インチは周囲部で言えば 違いは1cmで “ガットのマス目1つ分も違わない” という事になります。

ラケットのガットの目

因みにテニスボールの直径の大きさは6.54~6.86cmです。

テニスボール

ラケット面に6.5cmのボールが当たった際にラケットの周辺部で1cm (ボール直径の約1/7)の違いがボールの飛びに大きく影響するはずがありません。

ラケットの外周部で1cm違いがあったとしても、ラケットがボールを飛ばせるガットの範囲(いわゆるスイートスポット)の大きさがそのまま1cm大きくなる訳ではないでしょう。そもそもスイートスポットの大きさはラケットの構造によっても違います。

また、ボールの直径が6.5cmあるといっても、ボールはラケット(ガット)に接触した際に凹んで変形しても6.5cmの直径全てがガットに接触する訳ではありませんからフェイスサイズの影響はなおさら小さくなります。

周囲1cm程度の違いでボールが飛びやすくなったり、ラケットが扱いやすくなったりはしない

数字を見る限り、「90インチのラケットの方が100インチのラケットよりも難しいとは言いづらい」のが実際のところです。

面積だけ比較しても、ラケットフェイスの周囲で1cm程度の差は、ラケットでテニスボールを打つことに関しては “誤差程度の違い” しかない と言えると思います。

スポンサーリンク

フォローする