フラットサーブに必要な打点の高さ

フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さを計算

一般的に多くの人がサーブの基本として教わるのは “フラットサーブ” だと思いますが、フラットサーブを打つには高い身重が必要で、2m以上の身長があるのでもなければサーブを打つ際には回転をかけて打つ必要があるといった話もよく聞きます。

そこでフラットサーブを打つために必要な打点の高さを計算してみました。

※ここでのフラットサーブは “無回転のサーブ” の事とします。また、空気抵抗や重力等の諸条件は無視して単純に机上の計算だけです。計算に意味があるかというより、数字として見ていただければと思います。

条件は、もっとも入りやすいであろう「ネットの高さがもっと低いネット中央をベースラインの中央からセンター to センターで打つ、最も距離が短くなるコース」とします。

ベースラインからネットまでが11.885m、ネットからサービスボックスの先頭までが6.4mです。ここにボールが着地するとします。一番低いネット中央の高さが0.914mです。

計算上、フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さ

6.4 + 11.885 ÷ 6.4 = 2.85703125

サービスボックス先頭のボールの着地点から打点のまでの距離は、着地点からネットまでの距離の約2.86倍です。

図は直角三角形なので各辺の関係は a² + b² = C² とかですが、単純には、ネットの高さを約2.86倍すれば必要な打点の高さが分かります。

0.914 × 2.85703125 = 2.6113265625 

つまり 最短距離で無回転のサーブを入れるのに必要な打点の高さは2.611m程 必要となります。

おおよそですが、身重170cmの人の場合、地面から肩までの高さはおよそ138cm、腕の長さ(肩から指先まで)が73cm、手の大きさ(手首から指先まで)が18cm、ラケットの長さが68.58cm(27インチ)、ただし、ラケットヘッド先端からサーブで打てるスイートスポットの最上部までの距離を考えるとマイナス約10cmといったところです。

138 + 73 – 18 + 68.58 – 10 = 251.58 (cm)

170cmの人なら+10cmのジャンプ、180cmの人であればジャンプをしない状態で必要な打点の高さが作れるという計算になります。

計算上、フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さ2 身長170cmの人がジャンプ

ただし、180cmの人がこの条件で打っても、ボールはネット最上部の “白帯” に直撃してしまうので、比較のためよく例にあげる身長2mの人で計算してみます。

計算上、フラットサーブを入れるのに必用な打点の高さ3 身長2mの人

腕の長さが多少違うでしょうが、単純計算で20cm打点が高くなるので、ネットを通過する際の高さは約98.4cm、白帯の上 約7cm程の空間を通過することとなります。

テニスボールの直径は約6.5~6.7cmなので、「身長2m人が無回転のサーブを打つとして、ネットのもっとも低い位置を通す場合でも、ネットの上、ボール1個分強の空間を必ず通さないといけない」ということになります。

単純計算でも身長2mあっても無回転のサーブはほぼ入れることはできない

身長180cmの人が+20cmジャンプをして無回転のサーブを打っても、ネットの上ボール1個分の空間を必ず通さないと入らない。つまり、皆が回転をかけていないという意味で言う「フラットサーブ」を打つ意味はない という結論になります。

これが「全てのサーブは回転をかけて打たなければならない」と言われる説明の理由のひとつになります。(厳密に言えば、空気抵抗がある以上「無回転のサーブ」を打つこと自体が無理ですが..)

サーブをマスターしたい、上達したいと考えている人は、まずこのことを理解しないと何も始まりません。

スポンサーリンク

フォローする