ラケットダウンに対する理解

ラケットダウンの形を作ります

サーブの練習をする際に“トロフィーポーズ”と同様にサーブ中の代表的な形として示されるものに“ラケットダウン”があります。

初心者の方にサーブの説明をする際、最初からラケットダウンの形を作らせた状態からラケットを持ち上げてトスしたボールにラケットを当てる練習をしてもらったりしますね。

テニス サーブ 最初からラケットダウンした形

ラケットダウンはどう理解されている?

テニスを教わる際、ラケットダウンとは “サーブを打つ際、手に持たれたグリップが上向きでラケットヘッド側が下向きになった状態” といった説明がされるでしょうか?

プロ選手がサーブを打つ際のスイングを見ても確かにそういった瞬間があります。

でも、サーブの説明をする際、“ラケットダウン”という状態・形を意識させ、「サーブを打つ際に必ずこの形を作るんですよ」と思わせるのは、サーブの上達どころか、サーブの理解を困難にしてしまっていると思っています。

ラケットには慣性の力が働く

スイングする際にラケットに働く力でも言いましたが、物体であるラケットには“慣性の力”が働きます。

慣性の力により、止まったラケットはその場に留まり続けようとし、動きだしたラケットはその直進運動をし続けようとします。

サーブにおけるトロフィーポーズ(※)前後のラケットと体の動きを書いてみます。

トロフィーポーズからのスイング

トロフィーポーズではグリップを手に持った状態でラケットヘッドは上向きになります。

テニス サーブ トロフィーポーズ例

これはラケットを倒した状態ではテコの原理でラケットの重みが手に負担になるためです。ヘッド側を立てた状態で持てば手に感じる負担は1点に集中した重みのみになります。

ラケットヘッド側を立てて持たないとテコの原理で手に負担がかかる

トロフィーポーズにおいて、停止状態にあるヘッド側が立った状態のラケットは慣性の力によりその場にとどまり続けようとします。

ラケットは慣性の法則でその罰留まり続けようとする

スイングが開始されると、ラケットはグリップ側が手と腕に引っ張られ、スイング方向に動き始めます。

テニス サーブ スイング開始

手に引かれグリップ側が動きだしても、ラケットヘッド側は慣性の力でその場に留まり続けようとするため、グリップ側とヘッド側の2つの力はラケット中央付近にあるバランス点をテコの支点として釣り合い、これを軸に円を描くようにラケットは回転します。(※) ただ、グリップ側が大きく引かれていくまではラケット全体の動きは小さいままです。

ラケットのバランス点

※よくある説明「ラケットを背中で回す、ラケットで背中を掻く」

上記のように、サーブのスイングをする際、手に引かれるグリップ側と留まろとするヘッド側がラケットのバランス点をテコの支点としてグルっと回転するように動きます。

サーブの説明ではこの動きを指して「ラケットを背中でくるっと回す」「ラケットで背中を掻くように」と言ったりします。

説明でわかる通り、この動きは手によって引かれる力と留まろうとする慣性の力のバランスによって自然と起きる現象なので、人の操作でラケットを回転させる意味はありません。

必要なのはこれらの動きを邪魔しないようにリラックスした状態でいることくらいです。

ラケットのグリップとヘッド側の位置が入れ替わる (ラケットダウンの状態)

スイングにより、グリップ側は手に引かれてスイング方向・角度に向けてさらに進んでいきます。

ヘッド側がその場に留まり続けようとしますがグリップ側が手に引かれる力の方が強いので、スイング角度・方向に対して「グリップ側が前、ヘッド側が後ろ」という位置が入れ替わった状態になります。

サーブ ラケット グリップ側が前、ヘッド側が後ろ

この手に引かれるグリップ側とその場に留まろうとするヘッド側の力の不均衡さから生まれるラケット上下の位置が入れ替わった状態がいわゆる「ラケットダウン」の状態と言えます。

前・後ではなくラケットダウンで教わるように「グリップ側が上、ヘッド側が下」では? と思うかもしれませんが、グリップ側が進んでいくのはスイング角度・方向に対してです。ヘッド側はその角度・方向に真後ろから追従するので「グリップ側が前、ヘッド側が後ろ」というのが正しいと思われます。

スイング角度・方向が水平方向に近い場合もあるし、(必要かどうかは別にして) 地面と垂直90度にスイングする可能性だってあります。後者なら「グリップ側が上、ヘッド側が下に見える」というだけです。

サーブ 手に引かれラケットの上下が入れ替わる

ラケットダウンとは

このようにラケットダウンとは、

1) ラケットのヘッド側が慣性の力でその場に留まろうとし、グリップ側が手によってスイング角度・方向に引かれていく。引く力は留まろうとする力より遥かに大きく、グリップ側からスイング角度・方向に進むのに合わせてヘッド側はその角度・方向に対して真後ろから追従していく。ヘッド側が真後ろから追従するのは慣性によりその場に留まろうとする力が消えるわけではないから。ヘッド側は留まろうとする力でグリップ側をスイング方向の後ろから引っ張り続けるが力の差に負けて引かれていく。

2) グリップ側とヘッド側の位置関係はスイング角度・方向に依存する。サーブのスイングにおけるスイング角度・方向は地面に対して90度近いわけではない。このため、”ラケットダウン”の名称通り、ヘッド側が真下を向いたような状態をそれと理解させるのは正しいとは言えない。

と言えるかと思います。

ラケットダウン(と言っている事象)が起きるためには

サーブを打つ際、腕や手に力を込めず、リラックスした状態でスイングできれば、グリップ側から引かれたラケットに対し、ヘッド側が自然とそのスイング角度・方向に対して真後ろから追従します。

サーブを打つための体の使い方(※)が自然にできていてリラックスしてスイング出来てさえいれば、わざわざ意図的にラケットダウンという形を作らせる必要はないし、そもそもなんでそんな形を作らせているの? という感じです。

最初に述べた初心者の方にサーブを打つ際のトスしたボールの位置、および打点の位置とラケットを下から上に持ち上げてボールに当たるという関係性を把握してもらうために、ラケットダウンに相当する状態から練習してもらうのには意味があるとは思います。

テニス サーブ 最初からラケットダウンした形

ただ、実際サーブの練習に進んだ後もこれと同様の“ラケットダウン”という形をサーブのスイングの中で作らないといけないといった理解になってしまうとラケットでボールを打つということの本質とも言える物理的な法則をいろいろ無視してしまっていることになります。

※補足: トロフィーポーズもラケットダウン同様、サーブ時に”形”を作らせる意味がない

トスの高さとトロフィーポーズ でも書きましたが、トロフィーポーズとはは本来、腕を振るための準備動作に過ぎません。サーブを教わる際、トロフィーポーズを形として作るように言われますが、サーブ同様に腕をしっかり振ってボールを投げるピッチャーがトロフィーポーズに相当する”腕をコック(担いだ)した状態” で一時停止などしませんね。

ボールを投げる

トロフィーポーズにおける一時停止は“トスしたボールが落ちてくるのをただ待っている時間”なのです。

サーブの打点を高くしてもサーブの確立は上がらず、むしろ色んな要素から落ちてしまうので、トスは高くなくていいし、トスを高く上げる必要がなければトロフィーポーズで一時停止する必要もなくなります。

“トロフィーポーズで一時停止して力を溜める” と言われますが、体にも慣性の力が働き、体はその場に留まろうとするので再度動き出す際に大きなエネルギーを必要としますし動きの停止は筋肉が硬くなる要因になります。高くジャンプする際、瞬間的に膝を曲げて飛びますが膝を曲げたままの状態から飛ぶ方が大変なはずです。

※腕をしっかり振るために必要なこと

ピッチャーがボールを投げる際のように人の体の機能や仕組みにおいて腕をスムーズに速く振るという動作の中でトロフィーポーズに相当する場面はごく一瞬です。

トロフィーポーズを形として作り、一時停止する時間はトスしたボールが落ちてくるのを待っているだけの時間でありトスを高く上げなければ、トロフィーポーズの長い停止は必要ありません。

トロフィーポーズを作るというのは、腕をしっかり振るために重要となる 体と上腕(脇)が90度、上腕と前腕(肘)が90度、上腕と胸の角度が180度以上に保たれているかを確認する程度の意味しかありません。これらの角度が常にできており、ピッチャーがボールを投げる際のような体の使い方、腕の振り方ができているであればトロフィーポーズの形すら気にする必要はないと思います。

それだけサーブを打つ際の”形”を気にしているのに、体・上腕・前腕の角度が作れていない人が多い

個人的には、トロフィーポーズやラケットダウンなどこれだけ形を作ることにこだわっているのに “体と上腕(脇)、上腕と前腕(肘)、胸と上腕の各角度が保てていない人がものすごく多く、それを含めてトロフィーポーズの形としてOKとされている” のには驚きます。

肘が下がったトロフィーポーズ

スムーズに腕を振るための前提でしかないこれらの角度すら保てていない理由は、「体の機能や仕組に対する理解ができていない」「腕を振ることでラケットスピードを上げボールを飛ばし回転をかける」のではなく「高い打点でラケットをボールに当てる」ことが目的になっているからだろうと思います。

フラットサーブに必要な打点の高さ で書いたように一般的な身長の方がサーブの確立を上げるために打点を高く取ろうとする意味はほぼありません。無理をして高い打点で打つ必要がないわけですから、体の機能や仕組みを理解し、ボールを飛ばし回転をかけるのに必要なラケットスピードを上げられる体の使い方、腕の振り方を考えるべきだと思います。

スポンサーリンク

フォローする