サーブでジャンプする意味1

サーブを打つ際にジャンプする

サーブを教わる際にプロや上手な人が打つサーブのフォームを参考にするせいか「サーブはジャンプして打つもの」という先入観を皆が持っています。

ただ、先に計算した通り、身長2mの人が打っても “無回転のサーブ” を入れることはほぼ不可能です。

フラットサーブに必要な打点の高さ
一般的に多くの人がサーブの基本として教わるのは "フラットサーブ" だと思いますが、2m以上の身長があるのでもなければサーブを打つ際は必ず回転をかけて打つ必要があるとも言われます。そこで、"無回転のサーブ" を入れるために必要な打点の高さを計算してみたいと思います。

つまり、皆がジャンプをする理由として考える

「ジャンプをすることで少しでも打点を高くしてサーブの確率を上げる」

ことにほぼ意味はないと言えます。

考えれば分かりますが、身長150cmに満たない小学生プレイヤーはサーブが入らないということもないし、仮に、コート上に片膝をついて打ってもサーブは入れることができます。

Essential Tennis.comさんの動画 「高い = 良いサーブ?」

背が低くても入るのは回転を沢山かけているから? でも、身長が2mあっても回転をかけないとサーブは入らないのです。150cmも180cmも回転をかける量に違いはないはずです。

サーブにおけるジャンプを考えるため他のスポーツを参考にする

ジャンプという点について、参考までにテニス以外のスポーツを考えてみます。

よく、「サーブを打つ動作は投球動作や投てき(やり投げ)動作と体の使い方が共通する」と言われます。

ピッチャーややり投げ選手を見てみるとボールや槍をリリースする際、両足は体の前後にしっかりとスタンスを取られた状態で地面に設置しています。加えて言えば、後ろ足、ついで前足で地面を蹴る事で地面からのパワーを得ているようです。

地面を強く踏むということ

地面を踏むのは、作用反作用の法則で、陸上で速く走りたければ地面を強く踏むこと、走る際も、着地した足が体後方に送られた後、逆足を前に着くギリギリまで長く地面を蹴り続けた方が速く走れるそうです。(ウサイン・ボルト選手は後ろ足が離れるのが他選手よりかなり遅いそうです。)

地面からの力を得るにはできるだけ長く地面の足が設置している方が望ましいはずです。

テニスのフォアハンドでジャンプして打つこと

テニスのフォアハンドで言えば、両足が地面に接した状態と、ジャンプして両足が地面から離れた状態であれば『前者の方が力強くラケットは振れる』と感じると思います。

ジャンプして腕を強く振るバレーバール

ジャンプした上で腕を強く振るスポーツとしてバレーボールがありますが、選手が強くスパイクを打てるのは走りこんで前にジャンプしながら打つ時です。その場で垂直にジャンプしても “前に” 強く腕を振るのは難しいでしょう。また、バレーはジャンプし空中に浮いている間に全身を使い腕を振る準備ができますが、テニスでジャンプするのは準備動作の殆どを地面に足がついた状態で行った後です。

歴代No.1サーバーと言われるサンプラスさんは殆どジャンプしない

歴代プレイヤーの中でNo.1サーバーだと言われる事もあるピート・サンプラスさんはサーブ時に殆どジャンプしません。サンプラスさんの身長は185cm、前側の足で見てもジャンプは10cmです。

サーブもフォアハンドも体をうまく使ってラケットをスイングする必要がありますので、これからサーブを教わる、今のサーブを上達したいと考えている人は、「まずは、ピッチャーがボールを投げる際のように、ジャンプをせずに両足が地面についた状態でラケットをスイングすることと考えてみる」のがよいだろうと思います。

サーブはジャンプして打つものだと考える積極的な意味がない

ジャンプして打つのが当然だという状況でサーブを教わった人には違和感があるかもしれませんが、ジャンプしても確率が変わらない以上、地面に足を付いた状態で体の使い方を考える方が圧倒的に理解が進むはずです。

次にサーブでジャンプをすることの弊害について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする