回転はかけるもの?

回転をかけてサーブを打つということ

繰り返しになりますが全てのサーブは回転をかけて打つ必要があります。計算上、身長2mの人でも無回転のサーブを入れるためにはネット中央の一番低い部分でも白帯の上ボール1個分(約10cm)の空間を必ず通さないといけません。空気抵抗や重力のある中、それより身長の低い人がジャンプをしながらその精度でサーブを打つのは無理です。回転をかけてサーブを打つことができれば身長や打点の高さを考える必要がなくなります。

この事を説明すると「よくわかんないけど、要は回転をかけてサーブを打てばいいんでしょ」といった反応が返ってくるかもしれませんが、そう考えてしまう人にはまた別の問題があります。(こう考える人は少なくないでしょう。)

我々がサーブの打ち方を教わる際、「回転をかけないフラットサーブが基本で、回転をかけて打つスライスサーブやスピンサーブは応用である」と教わります。だから、皆、サーブの練習をする際は「回転をかけない速いサーブを1stで打つ。それに回転をかける工夫をする事で速度は落ちるけどボールが曲げる。結果、ポイントに繋がったり2ndの確率を上げる。」と考えます。

私はこれらに “サーブに対する認識の誤り” があると思っています。

フラットが基本でより高い技術として回転をかける?

ピッチャーが投げるボールの回転

野球のピッチャーが投げるボールは、ストレート、カーブ、スライダー、シュートなどがありますね。投げ方や指の力の加え方が異なるとは言えこれらの球種は全て回転がかかっています。ストレートはテニスのストロークで言うスライス回転(逆回転)、シュートはストレートの回転に横回転、スライダーは横回転、カーブはストレートと逆の前向きの回転です。完全な無回転ではないですが無回転のサーブに相当するのはフォークボールやナックル等で、回転のかかったボールと違い、空気抵抗で変化するこれらをコースを狙って投げるのは難しいです。つまり回転をかけているからこそ自分の意図通りのコースが狙えます。

また、フォアハンドでスピンをかける際に考えることは “とにかくしっかり振れること” であり、スイングするたびにどの位の回転量を加えよう、どの位の力加減でラケットを振ろうとは考えないはずです。しっかり振るだけで自然とトップスピンがかかるスイングができていることが前提であり、しっかり振れればきちんと回転もかかりライン内に収まるという心理的な安心感もあります。安心できるからこそしっかり振れてスイングスピードがあがり回転もかかります。ラケットを振るたびに神経を使い回転をかけようとしていたのではゲームに集中できません。

サーブにおける回転をどう考えるのか?

サーブも同じと言えます。“全てのサーブは回転をかけて打つ” 訳ですから、特に回転をかけて打とうと考えることなく自身のスイングをすれば自然と回転がかかったサーブになる打ち方” になるべきだと思います。(フォアハンドと同じ)

無回転のフラットサーブが基本で、回転をかけるのは応用技術だと考えているから、サーブを打つ度にどの位回転をかけよう、どういう風にどの位曲げようと考えてしまいます。程度の違いはあれフォアハンドでスピンをかけるのが難しいと考える人は少ないでしょう。ボールに働く物理的な原則は変わらないのでラケットを使ってボールに回転をかけるのにフォアハンドは難しくない、サーブは難しいといった大きな差が生まれるはずもありません。

何故、3種類のサーブを教わるのか?

なお、個人的に「サーブにはフラット、スライス、スピンの3種類があり、それぞれに打ち方が決まっている」と指導するのは主に教える側の都合からだ と思っています。

実際には3種類のサーブの間には数え切れない位の種類のサーブが途切れることなく存在するわけですし、同じスライスサーブと言っても人によって曲がり方も全然違います。

サーブは習得が難しい?

体に近い自然と目に入る位置で打つフォアハンド、バックハンドに比べ、頭上に上げたボールを高い打点で打とうとするサーブは教えるのが難しいです。全てのサーブに回転をかける必要がある。何も考えずにスイングするだけで回転がかかるようにすると言われても初心者にはまったくピンとこないと思います。教える側もそれを理解させるのは大変です。だから、サーブが3種類あるとすることで説明しやすくしているのです。

無回転であるフラットサーブはあくまで基本の理解のために。サーブの完成形は1つだけ。

まず最初に、無回転のサーブを使って体の使い方を学ぶことには賛成します。ただ、これにより体の使い方が理解できたなら「1種類の」回転がかかるサーブの打ち方の完成を目指すべきであり、意図的に回転をかける方法を応用と認識させるのは教える側には都合がよくても教わる側にはサーブの理解を難しくする以外の何者でもありません。

現に、この影響から多くの人が “いくら練習してもサーブがなかなか上達しない” という悪循環に陥り、上達しないことで “サーブは難しいものだ” と考えてしまいます。

サーブを打つ最初の理解に向けて

トスは高く上げず、ジャンプしたり打点を高くしようとせず、まずはしっかりと地面に足が付いた状態で、ピッチャーがボールを投げるような体の使い方でラケットを振ります。首を傾け数mも上のボールを目で見る必要はありません。ピッチャーのように腕や肘が伸び切らない状態でスイングした所に打点があり、その位置はサーブの打点と皆がイメージする高さよりも全然高くないはずです。首や頭を大きく傾ける必要もなく、視線を不自然に上を向く必要がありません。体からの距離も短くなるのでボールも捉えやすいはずです。その無理なくラケットがしっかり振れる中で「ボールの一方の端により強く力が加わればボールに回転がかかる」という理屈をラケットで加えるのはそれほど難しくないはずです。

まずはゆっくり、打点の位置からサービスボックス内に収まるための打ち出し角度や方向 (水平+αで十分)に向けてボールの真後ろから90度の面でラケットが当たることを基準にごく僅かだけラケットからボールに伝わる力に差が生じるだけでボールは回転します。

スピンサーブを打つために体を反らしラケットを真上に振り上げるような打ち方ではボールを正確に捉えることは難しいです。いくら強くラケットを振ろうとしてもボールに正確に当たらないことで多くの運動エネルギーが無駄になってしまいます。正確にボールを捉えることを重視すれば無理のあるスイングを使って回転をかける必要もなくなります。このような回転のかけ方はプロ選手なら必要となる場合もあるのでしょうが、我々アマチュアがそのまま真似してもうまく打てないのは当然です。

背中を反って無理のある態勢からラケットを振り上げて回転をかけるサーブが必用なのか?

まずは、正しい体の使い方と無理のないフォームで自然と回転がかかる打ち方をマスターしていくのは確実なはずです。世の中にある “サーブの打ち方” は回転をかける技術を高めることを求めており(実際は求めている訳ではないが、学ぶ側がそうだと誤解している)根本の部分で誤解があると思います。“もっと自然で簡単なこと、皆ができることをやるべき”だろうと思います。

フェデラー選手のサーブ


トッププロのフェデラー選手でもサーブを打つ度に高い専門性の高い技術ばかり駆使してサーブを打っている訳ではないでしょう。技術や熟練度など以前に、スイングするだけで回転がかかる体の使い方やスイングの仕方が身についているから実際の試合におけるより高度な応用が使えるのだと思います。

我々がその前段部分、基本部分を理解せず、応用のための技術を本質だと考えてしまっているのはとてももったないことだと思います。

スポンサーリンク