トスの高さとトロフィーポーズ

打点の高さとサーブの確率

一般的に「サーブはできるだけ打点を高く取った方が確率が上がる」と考えられています。

それは間違いではありませんが、一般的な身長の人にとっては意味がないことです。

先に伸べたように身長2mの人がサーブを打っても無回転のボールを入れるにはネットの上ボール1個分のスペースを必ず通す必要があり、それ以下の身長の人がジャンプしながらその精度でサーブを入れることは不可能です。

“回転をかけない”という意味で皆が使う「フラットサーブ」という言葉は、自分が関与しようもない“空気抵抗”“重力”によって“失速” “たまたま” 入っているものです。自分でコントロールできないサーブを “フラットサーブの確率がよくない” と言ったりするのはかなり違和感があります。

トスは高く上げるもの? トロフィーポーズを考える

頭上にボールを上げてそれを打つというイメージから「サーブのトスは高く上げるものだ」と思われています。また、高く上げるといってもどの位の高さに上げるのがよいのかは皆曖昧なままではないでしょうか? トスはサーブを打つ打点の位置に合わせると言われても、打点は高い方がいいと言われているので打点の位置にトスを合わるというより高く上げたトスに打点(ラケット)を合わせている人も多いと思います。

さて、トスの説明するために先に「トロフィーポーズ」について触れたいと思います。

サーブを教わる際、ラケットを肩に担いた形にトロフィーポーズという「形」を教わります。

トロフィーポーズについての認識はサーブの準備段階でありトロフィーポーズを作った後に実際のスイングを行うという感じでしょうか?

テニスの指導全般そうですが、ラケットをスイングするという一連の動作の一部分を「形(ポーズ)」として切り取って教わる側にその「形」を作るように求めます。教わる側は「形を作る」ことがフォームを作る方法だと認識してしまい「形」にこだわります。

ラケットをスイングする動作も人が元来持つ体の機能を使っているにすぎません。言葉足らずのそういった説明が誤った理解に繋がり皆の上達を阻んでいます。体の機能を説明する中で、「体をこう動かすとこの過程ではこういう形になる」と説明するのは問題ないはずです。正しく理解されるでしょう。ただ、体の動きと関係なくその「形」をポーズとして作らせる意味がないということです。

ピッチャーの投球動作を見てみると

サーブと体の使い方が近いと言われる投球動作を見てみます。

当たり前に思うかもしれませんが、右ピッチャーがボールを投げる際、上げた左脚を踏み出して以降は動きが停止することはありません。テニスで言うトロフィーポーズに相当するのは、利き腕のコック(担ぐ動作)ですがそれは左脚を踏み込む中で行われ停止しません。

ではなぜトロフィーポーズで停止する必要があるのかと考えると「トスが関係する」と考えています。

サーブを打つ際、ボールが空中の打点位置に停止したままだとしたら?

仮に、サーブで打つべきボールが自分が打つ空中の打点の位置にずっと止まった状態にあると考えてみてください。

ラケットをスイングして空中に留まったボールを打ちます。トロフィーポーズで一時停止する意味はありませんね。ピッチャーがボールを投げる際のようにとどまることなくラケットをスイングしてボールが打てるはずです。つまり、打点よりも高く上げたトスが落ちてくるのを待つためにトロフィーポーズの停止状態が生まれるということです。

トロフィーポーズで一時停止して力を溜める?

また、「トロフィーポーズで一時停止することでパワーを溜める」と言わることもあり、実際そう考えている人もいます。

物体には“慣性の法則”が影響します。停止した物体はその場に留まろうとするので動き出そうとする際に大きなエネルギーを必要とします。トロフィーポーズで停止状態になる体(及びラケット)を再び動かす際もそうです。また停止状態を保つために筋肉は緊張し、滑らかに動き出すのに影響を与えます。(写真を撮るため等に10秒位停止したポーズを取ると終わった後に再び動き出す際、体に違和感がありますね。それと同じです。) また、サーブと体の使い方に共通点があると言われるピッチャーの投球動作には停止する場面がありません。(右ピッチャーが左脚を上げている所は力を溜めているのとは違いますね)

つまり、力を溜めるためにトロフィーポーズを作る」というのは「これから力を出すという意識」を表現しているだけで “実動作に必要なものではない” ということです。(フォアハンドで打ち負けないように体をぶつけるように打つといった表現と同じです。)

ジャンプする準備のためにトロフィーポーズでしっかり膝を曲げる

また、サーブにおけるジャンプの必要性で書いたように打点を高く取るためにジャンプしようとする準備動作(膝を曲げる、腰を落とす、姿勢を下げる)がトロフィーポーズの停止状態に繋がる面もあります。

プロテニスプレイヤーでもトスを高く上げるタイプの選手は居ますが、緊張する場面でサーブが入らなくなるケースが多いです。(シャラポワ選手やウィンブルドン決勝でのリシツキ選手など) サーブは緊張した場面で打つことが多いですがトスを上げる高さはいくらでも変えられるので、普段から高いトスを上げていると緊張した場面ではその高さが都度変わり位置もブレやすくなるのでサーブが入りにくくなるのです。

まとめ: トロフィーポーズをどう考える?

まとめると、ピッチャーがボールを投げる際にようになめらかな動作でサーブのスイングを行えれば、トスは自身のスイングによりラケットが通過する軌道中にある打点の位置よりも若干高い位でいい。トスを上げて打点をラケットが通過するまでの時間は短い。速球を投げるピッチャーの投球動作に停止状態がないことからも分かるように、トロフィーポーズでの停止で “より力が生まれる”ことはなく、むしろ停止状態が筋肉の緊張を生みサーブに影響を与える。確率が重視され緊張する場面で打つサーブにおいてそれらは大きな弊害になると言えます。

ここで言いたい事は、トスを低くすればいい、トスは低い方がいいといった話ではありません。人が皆、元来持つ体の機能を用いて正しい体の使い方によるサーブのスイングができるようになれば、トロフィーポーズで停止状態を作る必要もないからトスは自然と高くならないということです。

高いトスやトロフィーポーズへの認識も固定概念(ステレオタイプ)です。テニスに関する情報は固定概念に縛られています。見聞きした情報を盲信せず考え疑問に持つ事が必要です。

スポンサーリンク

フォローする